« 佐藤雅彦『プチ哲学』 | トップページ | 「ヘンダーソン夫人の贈り物」 »

2012/03/25

【再び!にゃんとも猫だらけ展(第三部)】

art-15 【再び!にゃんとも猫だらけ展(第三部)】 平木浮世絵美術館

1203241
にゃんとも猫だらけ展も、第三部でおしまい。
第三部は、「猫で遊ぶ-戯画とおもちゃ絵」である。三部構成の中でこれを一番楽しみにしていた。一番楽しそうで。

1月の国芳展でも見た「其まゝ地口猫飼好五十三疋」をもう1回見られるぞ!と意気込んで行ってみたら、三期でも前期(18日)で展示は終わりだった・・・むむぅ。
しかし、造形作家の方(名前を失念!)が立体的に造った猫たちが展示されていて、これがよかった。うまくできてるなあ。あの画はとても小さいから、オブジェになってるとよくわかる。
正直、かなり苦しい語呂合わせの猫(宿場)もあるんだが、何度見ても飽きない(苦笑はするが)。

猫で作られた当て字も楽しい。

そして、「国芳もやう正札附現金男 野晒悟助」にも再会。
着物の柄が骸骨?と思ってもっと近づくとそれが猫でできてるというアレ。

やっぱり、猫というと国芳だよね、というわけで、今回は特に国芳がいっぱい。

猫好きな方も楽しめるこの展覧会も31日までです。

« 佐藤雅彦『プチ哲学』 | トップページ | 「ヘンダーソン夫人の贈り物」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/54300833

この記事へのトラックバック一覧です: 【再び!にゃんとも猫だらけ展(第三部)】:

« 佐藤雅彦『プチ哲学』 | トップページ | 「ヘンダーソン夫人の贈り物」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon