« 「アイ,ロボット」 | トップページ | 「バベル」 »

2012/03/08

D・M・ディヴァイン『三本の緑の小壜』

本日の本
三本の緑の小壜 (創元推理文庫)
book-8 『三本の緑の小壜』 D・M・ディヴァイン著 創元推理文庫

STORY:ある日友人と泳ぎにいった少女ジャニスの行方がわからなくなり、ゴルフ場で死体となって発見された。診療所の若い医師が容疑者とされたものの、彼は崖から転落死。犯行を苦にしての自殺と思われたが、また少女が殺される。

☆☆☆昨年秋に出たディヴァイン。

いつもディヴァインの本を読むと、うまーくだまされてしまうので、今度こそ!と思ってゆっくり読み進めようとしたのだが・・・
おもしろくて一気読み。
そして、はじめ違う人物を犯人と思っていて、次に一瞬、真犯人にたどりついたものの、またまたミスリードにしてやられ、結局犯人あてに失敗。むむむ。

この作品は今までと趣向が違っていて、三人称になったり、一人称になったり。一人称も各章によって語り手がかわるのだ。同じ出来事が各人の視点で語られることにより、徐々に真相に近づいていくところがうまい。

正直(他の作品でもそうだが)、いやーな人物がたくさん出てくるので、読み始めは少々不快に感じたりもするが、それより次がどうなるんだろうと気になり、ページをめくってしまう。

いよいよ、「ウォリス家の殺人」を読みますか。

« 「アイ,ロボット」 | トップページ | 「バベル」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/54142806

この記事へのトラックバック一覧です: D・M・ディヴァイン『三本の緑の小壜』:

« 「アイ,ロボット」 | トップページ | 「バベル」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon