« ホワイトデー | トップページ | サントリー 絹の贅沢 »

2012/03/15

「みなさん、さようなら」

本日の映画
みなさん、さようなら [DVD]
movie-13 「みなさん、さようなら」 Les Invasions Barbares 2003年加仏

DIR:ドゥニ・アルカン
CAST:レミー・ジラール、ステファン・ルソー、マリ=ジョゼ・クローズ
STORY:父が末期がんと知ったロンドンの証券ディーラー、セバスチャンはカナダに帰国。楽しい病室にしたいという母の頼みを聞いて奔走する。

☆☆☆アカデミー賞外国語映画賞をはじめとして数々の映画賞に輝いた映画。

女癖が悪く散々妻を泣かせてきた父親を反面教師として、ああは絶対なるまいと父親と距離を置いてきた息子。
それでも母親の頼みを聞き入れて(この奥さんも偉いな。あんな旦那なのに・・・)帰国、父親の最期を楽しくしてあげようと奮闘する。
これが、ぶっ飛びなんですね~

息子は大金持ちになっているのだけど、病院を改装して大きな個室を作ってしまったり、世界に散らばっている友人たち(昔の愛人たちも!)を呼び寄せたり、痛みに効くと知ってヘロインを手に入れ、ジャンキーを世話係に雇ったり・・・
いやはや、金持ちじゃなきゃ出来ないことなんですね。
でも、父親を思う気持ちは同じわけで、ずっと疎遠だった息子と和解できた父親は幸せそう。

それだけでなく、友人たちとの楽しいおしゃべりや、おいしいワインと食事に囲まれ、ホントに幸せ者である。

不思議なほど、みなアッケラカンとしていて、なかなか共感できにくい部分もあるのだが(日本人にはあまりない感覚かも)、ラストは感動もの。

ワインと本と女に生きた人生、きっと満足して天国へと旅立つのだろう。
うらやましい。

« ホワイトデー | トップページ | サントリー 絹の贅沢 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/54200306

この記事へのトラックバック一覧です: 「みなさん、さようなら」:

« ホワイトデー | トップページ | サントリー 絹の贅沢 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon