« 新宿:桂花ラーメン 新宿末広店 | トップページ | 佐藤雅彦『プチ哲学』 »

2012/03/22

「ボビー」

本日の映画
BOBBY ボビー [Blu-ray]
movie-15 「ボビー」 Bobby 2006年米

DIR:エミリオ・エステヴェス
CAST:アンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア、シャロン・ストーン、ハリー・ベラフォンテ、ニック・キャノン、エミリオ・エステヴェス、ローレンス・フィッシュバーン、ヘザー・グレアム、ジョシュア・ジャクソン、アシュトン・カッチャー、シャイア・ラブーフ、リンジー・ローハン、ウィリアム・H・メイシー、マーティン・シーン、クリスチャン・スレーター、イライジャ・ウッド
STORY:1968年6月5日、次期大統領候補として国民の期待を背負っていたロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺された。暗殺現場のロスのアンバサダーホテルにその時、集っていた人々の人間模様は。

☆☆☆E・エステヴェスの監督作品。

ボビーって誰のことだろう?って思ったら、ロバート・F・ケネディのことだったんですね。
兄に続いて暗殺されたということだけしか知らなかったが、この映画を観ていろいろなことがわかった。もちろん、この映画、フィクションですけどね。
きっとアメリカ人なら知ってるエピソードなんだろうけれど。

この映画は群像劇で、まったく関係のない人々がある瞬間に向かって収束していくというパターン。
はじめは、なんか散漫な印象があって、正直退屈な部分もある。
しかし、各エピソードが少しずつからみあい、ラストに向かうあたりではぐんぐんおもしろくなっていった。

なんといっても、キャストが豪華じゃないですか!
すごいな、エステヴェスの人脈。
ブラッドパックの中心的存在だったエステヴェスも、次第に勢いをなくして(他のブラッドパックたちも全然見なくなった・・・)消えつつあったわけだけど、脚本監督で少しずつ復活していたとは。
これだけの俳優たちが集まるってすごいことです・・・
元カノのデミ・ムーアとこの当時の彼女の彼氏、アシュトン・カッチャー(一瞬誰だか分からないけれど)まで出てるのには苦笑したけれど。

この顔ぶれを見ているだけでも楽しい映画。

エステヴェスがこれからどんな映画を撮るかも楽しみだ。

« 新宿:桂花ラーメン 新宿末広店 | トップページ | 佐藤雅彦『プチ哲学』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/54270920

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボビー」:

« 新宿:桂花ラーメン 新宿末広店 | トップページ | 佐藤雅彦『プチ哲学』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon