« 「コラテラル」 | トップページ | 四ッ谷:ぐーばーぐ四ッ谷3丁目駅前店 »

2012/04/07

【山寺後藤美術館所蔵 ヨーロッパ絵画に見る永遠の女性美展】

art-17 【山寺後藤美術館所蔵 ヨーロッパ絵画に見る永遠の女性美展】 ニューオータニ美術館

1204071
先日、1時間有休をとって昼休みと組み合わせてニューオータニ美術館に行って参りました。
山寺後藤美術館所蔵のヨーロッパ絵画、それも17世紀~19世紀に描かれた女性・少女の肖像画を中心とした展覧会。

山寺後藤美術館という美術館、知らなかったが、フランスを中心とした17~19世紀の絵画が充実した美術館とのこと。

チケットを買って渡されたパンフが充実。
全作品の写真と画家の解説が載っている。肖像画が28点、静物画が7点計35点。

まずは聖母(聖母子)から。イタリアの画家の2枚もいいけれど、やはりムリーリョが柔らかな雰囲気で素敵。

そして、そのあとはロココな雰囲気な絵が続く。
知った名前はあまりないのだが、優美な絵の数々。

その中にめずらしや、コンスタブルの少女の絵が。模写とのことだが、風景以外のコンスタブルとはめずらしい。
「オフィーリア」で有名なジョン・エヴァレット・ミレイの絵も。ミレイの絵としてはだいぶ後期の絵で、少しイメージと違った。

一番気に入ったのは、ブーグローの「愛しの小鳥」だろうか。少女が手の上に小鳥をのせてほほんでいる絵で、なんともかわいらしい。

静物画7点もよかった。
肖像画より静物画が好きだというのもあるが・・・

いやはや、山寺後藤美術館のコレクション、なかなかのもの。
今回はほんの一部で残念だったが、いつか山寺に行く機会があったら、是非この美術館に行ってみたい。


« 「コラテラル」 | トップページ | 四ッ谷:ぐーばーぐ四ッ谷3丁目駅前店 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/54416253

この記事へのトラックバック一覧です: 【山寺後藤美術館所蔵 ヨーロッパ絵画に見る永遠の女性美展】:

« 「コラテラル」 | トップページ | 四ッ谷:ぐーばーぐ四ッ谷3丁目駅前店 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon