« コーヒー・ピノタージュ ザ・ビーン | トップページ | 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』 »

2012/04/26

「第9地区」

本日の映画
第9地区 [Blu-ray]
movie-25 「第9地区」  District9  2009年米ニュージーランド

DIR:ニール・ブロンカンプ
CAST:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ
STORY:ヨハネスブルグの上空に巨大宇宙船が故障で動かなくなった。やむをえず難民として受け入れることになって20年あまり。彼らが住む地区第9地区はスラムと化し、周辺住民との関係も悪化、ついに新しい難民キャンプに強制移住させらることに。責任者のヴィカスは立ち退きの通達をしてまわる途中、謎の液体を浴びてしまい・・・

☆☆☆SFアクション。

南アフリカ出身の監督の長編デビュー作で、アメリカでサプライズヒットしたSF映画である。
あれよあれよという間に表舞台に出て、なんとアカデミー賞にまでノミネートされた。作品賞候補数が増えたというのもあるけれど、この作品がノミネートされるとは驚き!

いろいろとおもしろい要素はある。

南アフリカを舞台としているということ。
その結果、エイリアンへの差別とアパルトヘイトがだぶって見えること。
ドキュメンタリー風だということ。
などなどである。

低予算ということで、B級の臭い(ややC級より?)がプンプンして、多分これは評価がわかれるんじゃないかなあ。

ワタクシとしては、それなりにおもしろかったけれど、うーん、趣味にはあわなかった。
ちょっとねー、エイリアンが気持ち悪くて生理的になんとも・・・

アイディアはいいし(「エイリアン」というよりは、「ザ・フライ」みたいな感じもあるけれど)、ブラックユーモアが効いてるし、ちょっと哀愁が漂うところもよいのだが、悪趣味の方向に傾いているところが苦手だ。

この監督が次に何をとるかは大いに興味がある。
突然予算が何倍にもなって、大味にならないといいですけどね。

« コーヒー・ピノタージュ ザ・ビーン | トップページ | 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/54538077

この記事へのトラックバック一覧です: 「第9地区」:

« コーヒー・ピノタージュ ザ・ビーン | トップページ | 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon