« 沖島博美『旅名人ブックス85 チェコ歴史散歩』 | トップページ | ブルゴーニュ ピノ・ノワール »

2012/05/20

「クラッシュ」

本日の映画

クラッシュ [Blu-ray]
movie-30 「クラッシュ」 Crash 2004年米

DIR:ポール・ハギス
CAST:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジート、ウィリアム・フィクトナー、ブランダン・フレイザー、テレンス・ハワード、タンディ・ニュートン、ライアン・フィリップ
STORY:クリスマス間近のロス。黒人刑事とその恋人でヒスパニック系の刑事。雑貨店を営むペルシャ人。白人に敵意を抱く黒人青年。差別主義者の白人警官。裕福な映画プロデューサーの黒人夫婦。彼らの人生は思いがけず交錯する。

☆☆☆P・ハギスの監督デビュー作。

そうそう、この映画ってアカデミー賞をとったんでしたっけ?
様々な人種の人物の人間模様ということでいかにもアメリカ的?なのが、ウケたんでしょうかね。

群像劇で、たくさんの人物が出てくるので、まあこれはこういう映画の宿命で最初はわかりづらい。はじめのうちは誰が誰だかわからないことが多いし(この映画は結構有名な俳優が出てるので区別はつくが)、話がバラバラでどうも入り込めなかったり。

でもさすが、P・ハギスの脚本。
それぞれのエピソードがからまりあいながら、ラストへと収束していく。
いいエピソードあり、感動的なエピソードあり、苦いエピソードあり・・・
決してすべてがハッピーエンドというわけではないので、見終わってすっきりという感じではないけれど、うまくまとまっていて、さすがなのである。

車の衝突(クラッシュ)にはじまり、人種間の衝突、感情の衝突など、様々なクラッシュ。
救われる者もいるし、救われない者もいる。
少しつきはなしたような視点だが、これが現実なのだろう。
決して大円団とならなかったところはよかったと思う。
若干、エピソードが多すぎる気はしたが・・・

めずらしくM・ディロンが強烈な役柄だったが、意外によかったのがライアン・フィリップ。
彼の皮肉なエピソード、印象的でした。


« 沖島博美『旅名人ブックス85 チェコ歴史散歩』 | トップページ | ブルゴーニュ ピノ・ノワール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/54760012

この記事へのトラックバック一覧です: 「クラッシュ」:

« 沖島博美『旅名人ブックス85 チェコ歴史散歩』 | トップページ | ブルゴーニュ ピノ・ノワール »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon