« 「コーヒー&シガレッツ」 | トップページ | ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ルージュ »

2012/07/11

ハシェク『兵士シュヴェイクの冒険(一)』

本日の本

兵士シュヴェイクの冒険 1 (岩波文庫 赤 773-1)
book-26 『兵士シュヴェイクの冒険(一)』 ハシェク著 岩波文庫

先日プラハのガイドブック的に本を読んだら、この本の挿絵キャラクターがマスコットとなっているウ・カリハーというビアホールのことが紹介されていて、本も読んでみようということで、、まずは一巻目から。

舞台は第一次世界大戦時のプラハ。
シュヴェイクという男がオーストリア・ハンガリー帝国の軍隊に入ることになって起こる騒動なのだが、なんといっても、このシュヴェイクの人を喰ったような言動がおかしい。

バカ正直で、間抜けなシュヴェイクに周囲は振り回されっぱなしだが、シュヴェイク、決して馬鹿なのではない。わかってやってるんじゃ?

要するに、作者はユーモアに包んで、痛烈に権力や戦争、軍隊を批判しているわけで、ニヤニヤクスクス笑いながら、作者の鋭い眼差しに気づかされるという次第。

挿絵もユーモラスでいいなあ。

チェコの作家というとチャペックが大好きなのだけど、ハシェクもチャペックもユーモアがあるし、風刺文学でもあるんですね。

« 「コーヒー&シガレッツ」 | トップページ | ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ルージュ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/55153036

この記事へのトラックバック一覧です: ハシェク『兵士シュヴェイクの冒険(一)』:

« 「コーヒー&シガレッツ」 | トップページ | ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ ルージュ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon