« サッポロ ヱビス スタウト クリーミートップ | トップページ | キリン ワインスプリッツァ白 »

2012/08/23

「月蒼くして」

本日の映画

月蒼くして [DVD]
movie-47 「月蒼くして」  The Moon Is Blue 1953年米

DIR:オットー・プレミンジャー
CAST:ウィリアム・ホールデン、マギー・マクナマラ、ドーン・アダムス、デヴィッド・ニーヴン
STORY:エンパイア・ステートビルの展望台で出会ったドンとパティ。ドンの上着のボタンがとれたことから、ドンのアパートに行くことになった2人。ドンが外出中にやってきた元恋人女シンシアに続いてやってきた、シンシアの父親デイヴィッドはパティが気に入ってしまう・・・

☆☆☆ヒュー・ハーバートの戯曲の映画化。

オットー・プレミンジャー監督作品としても、W・ホールデン、D・ニーヴン出演映画としても、それほど有名な映画ではないと思う。
そんな映画をなぜ観ようと思ったか?
それは、昔々、祖父が映画館で観たらしく、パンフを持っていてそれを見たからなんである。
WOWOWって古いのもやってくれていいですね。

ドン、偶然知り合ったパティ、ドンの元恋人のシンシア、シンシアの父親の四角関係を描く、ロマンティックコメディで、戯曲らしくアパートの一室だけでほぼストーリーは進行。この会話が楽しい。

今は映画の中の会話も相当きわどかったり、ラブシーンもかなり大胆でも許されるが、この当時は厳しかったらしい。今となっては全然OKなセリフも公開当時は刺激的だったのかも??

主演のM・マクナマラの役柄がとても変わった女の子でエキセントリック。つかみどころがなくて、彼女に翻弄される2人がおかしい。
しかし、もっとおもしろかったのは、D・ニーヴン扮する、若い女の子に鼻の下をのばすお金持ちのおじさん。他の俳優がやると嫌な感じになりそうなところ、さすが、D・ニーヴン、品を崩さずダンディにさらりと演じる。W・ホールデンよりD・ニーヴンの方に軍配。

今ではきっと注目する人はいないと思うけど、ちょっと洒落たコメディにできあがっている。たわいもない話ではあるけれど。


« サッポロ ヱビス スタウト クリーミートップ | トップページ | キリン ワインスプリッツァ白 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/55463435

この記事へのトラックバック一覧です: 「月蒼くして」:

« サッポロ ヱビス スタウト クリーミートップ | トップページ | キリン ワインスプリッツァ白 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon