« 六本木:CUCINA ITALIANA ARIA | トップページ | キリン 冬麒麟 »

2012/10/09

【リヒテンシュタイン展】

art-46 【リヒテンシュタイン展】 国立新美術館

1210091
国立新美術館ではじまったリヒテンシュタイン~華麗なる侯爵家の秘宝~展に行って参りました。
この展覧会は是非とも行きたかったもの。
今年夏、ウィーンに行った際、リヒテンシュタイン美術館に行きたかったのだが、中心部からはやや離れていることもあって時間が足りず行くことができなかったから。まあ、日本にも来るから、別の所を優先させようという考えもあったんですけれど。

リヒテンシュタインは、スイスとオーストリアの間にある小国。昔、40分くらい滞在したことはあったっけ。なんでも、英国王室につぐ世界最大級の個人コレクションを持っている(約3万点)とのことで、そのほんの一部でも見られるのはうれしいですね。

[エントランス]
まずは、ギリシャ神話を題材とした絵がお出迎え。
アドニス、アポロン、ディアナ。いやはや、ギリシャ神話、聖書の知識は絵を見るに際しては必須ですね。
なかなかダイナミックな絵の数々である。

[バロック・サロン]
リヒテンシュタイン美術館-夏の離宮での展示方法を再現。
つまり、絵画、彫刻、タペストリー、家具、工芸品が一つの部屋に並べられる。こういう展示を展覧会でやるのはめずらしいかもしれませんね。
知った画家はあまりいないが、いくつか気に入った作品があった。
ウィラートの「嵐の海と難破船」、ブラッツァーの「彫刻家のアトリエ」と「自画像の画家のアトリエ」。中でも一番気に入ったのは、スネイデルの「果物、狩りの獲物、野菜、猿、リス、猫のいる静物」。この題のとおり盛りだくさんな静物画である。
テーブルの装飾のきらびやかさや、東方趣味の家具などもみどころ。
笑っちゃったのは、マイセンのティーポット。蓋にまるで狛犬のようなものが・・・
ふと忘れがちなのは天井画4枚で、よく持ってきたなあと。首が痛くなるけれどお忘れなく!

[リヒテンシュタイン侯爵家]
リヒテンシュタイン侯の肖像画の他、夏の離宮の絵も。
うーん、やっぱり行ってみるべきだったか・・・

[名画ギャラリー]
■ルネサンス
「古代ローマの廃墟のある風景」などもよかったが、やはりラファエロとクラナッハ。
どちらも、らしい絵だ。
クラナッハの「聖エウスタキウス」はかなり細かい。

■イタリア・バロック
イタリアではよく見る題材、「ホロフェルネスの首を持つユディット」だが、今回見たのはあまり恐くない。「ゴリアテの首を持つダヴィデ」の方が不気味だった。

■ルーベンス
まず目に飛び込んでくるのが「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」。ウィーンのガイドブックにも載っていたし、ポスターにもなっていて、是非とも見たかった絵。父ルーベンスのやさしいまなざしが感じられるかわいらしい絵。
大作「デキウス・ムス」連作の2枚もきている。大きな画面の中にドラマチックに描かれるデキウスの物語。迫力である。
「マルスとレア・シルヴィア」もまた迫力があるし、動きもあってダイナミックな絵だ。

■クンストカンマー
工芸品や、めずらしい機械など。侯爵家のコレクションは絵だけではないんですね。
めずらしい石を使った象牙のチェストなどは美しいし、象牙のジョッキは細かい彫刻が見事。
でも一番おもしろいのは、ぜんまい仕掛けの酒器だろうか。動く様子が映像で流れていたが、自分でも動かしてみたいですねぇ。

■17世紀フランドル
ブリューゲルの絵が並んでる・・・と思ったら模写だった。
子が模写した「ベツレヘムの人口調査」や「死の勝利」は、これ父ブリューゲルの絵だよと言われてもわからない。ブリューゲルは何度見ても新しい発見があるなあ。
ポスターにもなっているヴァン・ダイクの「マリア・デ・タンスの肖像」もこちらに。

■17世紀オランダ
レンブラントの「キューピッドとしゃぼん玉」は若い頃の作品らしいが、光と闇の対比がすでにレンブラント。
ハルスの絵もいい。

■18世紀 新古典主義の芽生え
大好きなカナレットが一枚。
パニーニの「古代ローマの傑出した遺跡と彫刻のある奇想」は、ローマ遺跡あり、ピラミッドあり、オベリスクあり・・・おもしろい構図だ。

■ビーダーマイヤー
昨年展覧会を見たヴィジェ・ルブラン(マリー・アントワネットの公式画家として知られる)だが、今回来ていた作品は、革命後、各国で肖像画家として名声を獲得した時期のもの。この時代、神や古代人に自身をなぞらえた肖像画が流行したそう。
印象に残ったのは「復讐の誓い」。ドラマの一場面のようで、女性のたくらみが恐い。
最後に「マリー・フランツィスカ・リヒテンシュタイン侯女 2歳の肖像」。これ、かわいい~
人形(日本の?中国の?)を抱いて眠っている肖像画なのだけど、こちらの顔もほころびそう。

いやはや、リヒテンシュタイン侯爵家のコレクションの幅広さには驚きますね。いいコレクションをお持ちです!また、他の作品も公開してくれるといいですね。

« 六本木:CUCINA ITALIANA ARIA | トップページ | キリン 冬麒麟 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/55849180

この記事へのトラックバック一覧です: 【リヒテンシュタイン展】:

« 六本木:CUCINA ITALIANA ARIA | トップページ | キリン 冬麒麟 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon