« ミラソー ピノ・ノワール | トップページ | 「インベージョン」 »

2012/10/02

ジェイニー・ボライソー『雨の浜辺で見たものは』

本日の本

雨の浜辺で見たものは (創元推理文庫)
book-35 『雨の浜辺で見たものは』 ジェイニー・ボライソー著 創元推理文庫

STORY:少女が連れ去られるのを目撃したローズは、否応なく事件に巻き込まれてしまった。少女の母親も母親の姉も複雑な事情を抱えており・・・
☆☆☆コーンウォールミステリ7作目にして最終巻。

残念ながら、この作品を執筆後、作者のボライソーさんが癌で亡くなられたとのことで、これで終わりなのである。
ホント、残念。

このシリーズ、ミステリとしては甘々なんである。7作目もしかり。
偶然的要素が大きいし、それになんといっても、はじめにそれは確認するでしょうとつっこみたくなる。それで後半まで引っ張るのはどうかと・・・

とまあいろいろな問題はあるにせよ、ワタクシはこのシリーズが好きだった。
コンウォールという土地、自然がいいし、主人公ローズがワイン好きってところもポイント。
何度も書いているが、ローズがもてすぎなのがなんともね・・・・
だけど、恋人のジャック・ピアース警部との仲も気になって、なんだかんだ一気読みしていた。

それが、どうなるのかわからないまま終わってしまうなんて・・・

いつか、コンウォールに行ってみたいな。

« ミラソー ピノ・ノワール | トップページ | 「インベージョン」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/55786196

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイニー・ボライソー『雨の浜辺で見たものは』:

« ミラソー ピノ・ノワール | トップページ | 「インベージョン」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon