« アルバマール カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 香川・徳島旅行 1日目 »

2012/10/24

ジル・チャーチル『カオスの商人』

本日の本

カオスの商人 (創元推理文庫)
book-39 『カオスの商人』 ジル・チャーチル著 創元推理文庫

STORY:クリスマス間近。ジェーンはクッキー・パーティやら聖歌の集いやらの準備で大わらわの上に、恋人メルの母親までやってくる!そんな中勝手に押しかけてきた嫌われ者のレポーターが隣の屋根から落ちて死んでしまう。

☆☆☆主婦探偵ジェーンシリーズ第10弾。

この本から訳者さんが代わったんですね。9作目まで担当した浅羽莢子さんが亡くなられたため。あ、でも、まったく違和感ないですね。今までどおりすーっと入っていくことができたから。
9作目を読んでからずいぶん時間がたってしまったけれど(このあともう2作が翻訳されている)、あいかわらずのシリーズ。

ジェーンはいつも大忙しで、やっぱり余計なことまで引き受けてしまうし、子供たちはいろいろ問題を起こすし、義母のセルマは相変わらず意地悪だし(今回ジェーンがちょっぴり逆襲)、さらに恋人メルの母親まで登場。これがまた義母に劣らず意地が悪い(笑)。ジェーンを悩ます要素がまたまた増えたわけで、これは今後も続くのかな?

なんでそんなにご近所に殺人事件が??
ということは置いておいて・・・
今回も、刑事のメルをおいといて、親友シェリイと事件解決にあたる?ジェーン。

この2人の会話が特におもしろいんですね。素敵な友達関係。
なんか、どーでもいいことしゃべってる風で、次第に核心に近づいていくジェーンとシェリイ。
最後はバタバタっと解決してしまったけれど、いや、久々、このシリーズを楽しんだ(なんで、コンスタントに読んでなかったんだろう)。

続けて2冊読もう!

※次回更新は10月28日の予定です。

« アルバマール カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 香川・徳島旅行 1日目 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/55939641

この記事へのトラックバック一覧です: ジル・チャーチル『カオスの商人』:

« アルバマール カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 香川・徳島旅行 1日目 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon