« 四ッ谷:徒歩徒歩亭 | トップページ | ドメーヌ・ド・グラン・ギャラン ヴィエイユ・ヴィーニュ »

2012/12/02

【ジョルジュ・ルオー I LOVE CIRCUS展】

art-51 【ジョルジュ・ルオー I LOVE CIRCUS展】 パナソニック汐留ミュージアム

1212021
仕事帰りに行って参りました。
ルオー展は度々行っているのだけれど、日本未公開作品がたくさんきているということで。
ポンピドゥー、パリ市立近代美術館、カルナヴァレ、モンマルトルや個人蔵の作品もたくさん。
今回は、サーカスに絞っての展示である。

第1章 悲哀-旅まわりのサーカス
少年時代、サーカスに夢中になったルオー。初期の作品の数々。
いわゆるルオー的な作品ばかりではないが、サーカスの寂しさ、もの悲しさは十分表現されている。
自画像がたくさんあったが、すべて日本初公開とのこと。
道化に扮した自画像で、自分を道化に重ね合わせたのだろうか・・・

第2章 喝采-舞台を一巡り
サーカスのいろいろな登場人物をテーマごとに。
道化師、曲馬師、踊り子、呼び込み・・・
色彩豊かでありながら、青を基調としていてやはりもの寂しさを感じる。
この章での最大の見物、というかこの展覧会の最大の見物は、大きな油絵3枚。「小さな家族」、「傷ついた道化師」、「踊り子」。
ルオーというと、あまり大きな絵のイメージはないのだけれど、これらはタピスリーの原画として原寸大に描かれたものとのこと。3枚並ぶと圧巻。

第3章 記憶-光の道化師
晩年の道化師。
お皿に描かれた「アルルカンの顔」など、題名がついていなければ、キリストと間違うほどで、次第にキリストと道化師が一体化していったのかもしれない。
そして、全体的に黄色い絵になっているのが特徴。光をイメージしているのか、神々しい。

サーカスについての資料もたくさん展示されていて、なかなかにユニークな展覧会でありました。
12月16日まで。

« 四ッ谷:徒歩徒歩亭 | トップページ | ドメーヌ・ド・グラン・ギャラン ヴィエイユ・ヴィーニュ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/56239548

この記事へのトラックバック一覧です: 【ジョルジュ・ルオー I LOVE CIRCUS展】:

« 四ッ谷:徒歩徒歩亭 | トップページ | ドメーヌ・ド・グラン・ギャラン ヴィエイユ・ヴィーニュ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon