« 「シャッター・アイランド」 | トップページ | ヨハン・テオリン『冬の灯台が語るとき』 »

2012/12/18

源作印ワイン 赤

1212181
突然ですが、ワタクシ、一升瓶ワインを買うのが夢であります。
でも、日本のワインってどうもなーという偏見が少々あって(おいしいのも着実増えてるけれど)、一升瓶買ったはいいけれどまずかったらどうしようと思って踏み切れない。

今日もいつもいくお店で一升瓶ワインの前で躊躇していたら、同じ銘柄のフツーのボトルがあるよ、買ってみればと同居人が言うので、買うことに。

源作印というから、きっと源作さんという人が作ったに違いないと思ったら、その通り!
秩父ワインの初代は源作さんだったんですね。

で、この赤だけれど、ルビー色だが結構濃い色。
マスカットベリーAの他にブラッククィーンとヤマブドウが入っているのでこんな色なんですね。
味はと言うと、悪くない。すごい深みがあるというわけではないし、重いワインではないけれど、なんかするするっと入っていくワインなんである。といって超軽口でもなし。

これなら一升瓶にチャレンジしてみてよいと思う。

« 「シャッター・アイランド」 | トップページ | ヨハン・テオリン『冬の灯台が語るとき』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/56334650

この記事へのトラックバック一覧です: 源作印ワイン 赤:

« 「シャッター・アイランド」 | トップページ | ヨハン・テオリン『冬の灯台が語るとき』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon