« エコスル カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 「プレステージ」 »

2012/12/12

ヨハン・テオリン『黄昏に眠る秋』

本日の本

黄昏に眠る秋 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
book-43 『黄昏に眠る秋』 ヨハン・テオリン著 ハヤカワ・ミステリ

STORY:エーランド島で、霧の中に消えた少年。20年以上たって、少年が履いていた靴が祖父の元に送られてきた。母ユリアは帰郷し、疎遠だった父と真相に迫る。

☆☆☆☆スウェーデン産ミステリ。
スウェーデン南東部の島が舞台。

雰囲気がいいですね。
荒涼とした台地、濃い霧、冷たい雨・・・
過疎化が進んだ村。
はじめから寂しい雰囲気を漂わせる。

前半はなかなかストーリーが展開しない。
祖父イェロフと母ユリアが少年失踪の謎を解こうとする現在のパートと、少年失踪の鍵を握ると思われる村の鼻つまみ者ニルス・カントの過去のパートが交互に語られるのだが、いったいどうこの2つの物語がまじわるのかがなかなか見えないし、ホントにゆったりとペースでしか進行しない。まるで、イェロフの体が不自由なのにあわせてるかのよう。

ところが6割方進んだところで、一気にストーリーが展開していく。こうなると、ページをめくる手も早くなりますね。

そして、きっとこういうことだったのだろうなあとほぼ確信したところ、さらにもうひとひねり。なるほどと感心したのだが、ラスト直前、さらにさらにひねりが入る。
これは想像しなかった展開。
うーん、でもこれは悲しいなあ。そうはなってほしくなかったというか。感情移入してしまったところでそうくるとは。

しかし、最後にはほっとする場面も用意されていて、決して悲しいだけでは終わらないところがいい。

やっぱり北欧ミステリー、いいな。

« エコスル カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 「プレステージ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/56288428

この記事へのトラックバック一覧です: ヨハン・テオリン『黄昏に眠る秋』:

« エコスル カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 「プレステージ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon