« アサヒ スーパードライ ドライブラック | トップページ | 武蔵小金井:オー・ボール・ド・ロー »

2013/03/30

【かわいい江戸絵画展】

art-13 【かわいい江戸絵画展】 府中市美術館

1303301
府中市美術館の春の江戸絵画まつり。
今年はかわいいがテーマ。
毎年、行ったりいかなかったりだが(しかも、前後期両方行ったことはない・・・)、これは是非見ねばと行ってきました。行ったのは前期展示。

パンフの表紙は円山応挙「狗児図」で、確かにこれはかわいい絵(ちなみにこれは後期展示)。
ところが、かわいいというのもいろいろ意味があるようで・・・
想像していたかわいい絵とは違うものもたくさんあった。
健気、慈しみ、かわいそう。かわいそう、なんてのはかわいいとは違う気もしたり。
おかしなものもかわいい?
と、ちょっと無理矢理な感じもなくはないのだけど、好きなタイプの絵が多かったのでよしとしよう。

動物や子供はテーマになりやすい。
特にワタクシは動物の画は大好きなので、なかなかにツボ。
亀、ラクダ、鶏、蛙・・・
このあたりはユーモラスな感じだったが、展示の最後の方にあった狗(犬)や、歌川国芳の猫(いつ見てもいいですね)は、かわいい。
意外なことに虎もかわいいのであった。虎は日本にはいなかったから、想像だけで描いたというのもあるけれど、全然恐くないのだ。猫の大きいのというか。全体に丸っこい虎が多いのがおかしい。

そうそう、白隠や仙厓、若冲もありました。
白隠のすたすた坊主がきていると聞いて楽しみにしていたのだが、お正月、白隠展で見たすたすた坊主とは違う画でしたね(前に見た方がユーモラス度は高い)。
大黒や寿老人、布袋さんなんかもかわいい。

だいたい、線が単純だったり、デフォルメされていたりとか、解説にもあったように、省略や繰り返しで描かれていると、ちょっとマンガチックでかわいらしく思えるもの。
そんな絵の一つが、若冲の「托鉢図」。一瞬、仙厓の絵かと思ってしまった。これ、気に入った。

今年は是が非でも後期も行こう!
(前期のチケットを持っていくと割引になります。)

前期は、4月7日まで。後期は4月9日から5月6日まで。
是非!

« アサヒ スーパードライ ドライブラック | トップページ | 武蔵小金井:オー・ボール・ド・ロー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/57070109

この記事へのトラックバック一覧です: 【かわいい江戸絵画展】:

« アサヒ スーパードライ ドライブラック | トップページ | 武蔵小金井:オー・ボール・ド・ロー »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon