« スティーヴ・ハミルトン『解錠師』 | トップページ | フェウド・ジルターリ »

2013/06/13

「絞殺魔」

本日の映画

絞殺魔 [DVD]
movie-33 「絞殺魔」  The Boston Strangler 1968年米

DIR:リチャード・フライシャー
CAST:トニー・カーティス、ヘンリー・フォンダ、ジョージ・ケネディ、マイク・ケリン、ハード・ハットフィールド、マーレイ・ハミルトン、サリー・ケラーマン、ジェームズ・ブローリン、ダナ・エルカー
STORY:ボストンで連続して女性絞殺事件が起きる。警察の捜査をよそに、犯罪を重ねる犯人。必死の捜査が続くが・・・
☆☆☆実在の事件が元になっているという。

犯人がまだ裁判中に作られた映画らしいのだが、この映画ではデサルボという人物を犯人と断定して描かれている。うーむ、いいのかな。
その後最近になって、実はこの人物ではないという話も出てきているようで・・・

犯人を演じるのはトニー・カーティス。
カーティスというと、「お熱いのがお好き」のイメージがワタクシ的にや強くて(まじめなドラマにもたくさん出てるわけだけど)、こういう役柄はびっくりなのである。
捜査側ではヘンリー・フォンダとかジョージ・ケネディとかも出ているのだが、T・カーティスにもっていかれてしまった感じ。大熱演である。

序盤から緊迫した場面が続き、ドライなタッチで進行していく。
前半では分割画面が効果的に使われて、なかなかいい感じだったのだが・・・
後半、逮捕されてからペースが乱れる。息切れ状態というか。
これがちょっと残念。
前半の背筋が寒くなる展開のままいってくれたらなと。

実際のデサルボは、刑務所で刺殺されたそう。
本当に犯人かどうかは永遠に謎として残されたんですね。


« スティーヴ・ハミルトン『解錠師』 | トップページ | フェウド・ジルターリ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/57552469

この記事へのトラックバック一覧です: 「絞殺魔」:

« スティーヴ・ハミルトン『解錠師』 | トップページ | フェウド・ジルターリ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon