« カレル・チャペック『スペイン旅行記』 | トップページ | こしひかり越後ビール 新潟キャラクター »

2013/06/16

「バトルシップ」

本日の映画

バトルシップ [Blu-ray]
movie-34 「バトルシップ」 Battleship  2012年米

DIR:ピーター・バーグ
CAST:テイラー・キッチュ、アレキサンダー・スカルスガルド、リアーナ、ブルックリン・デッカー、浅野忠信、リーアム・ニーソン、ピーター・マクニコル
STORY:ハワイ沖に各国の軍艦が集結、大規模な軍事演習がおこなれようとした時、正体不明の物体があらわれ巨大なバリアを築く。閉じこめられた三隻の軍艦が反撃を開始するが・・・

☆☆☆海上バトルアクション。

序盤は、優秀な兄に較べてかなりお馬鹿で頼りないT・キッチュ演じる将校が暴れまくる展開で、正直ちょい退屈。
T・キッチュは「ジョン・カーター」で大コケし、この作品も決して評判はよくないという不運の人。あ、でも「ジョン・カーター」の長髪よりこの映画の短髪の方が似合いますね。

正体不明の物体=エイリアンの母艦が出現し、バリアが張られてからはさすがに盛り上がってくる。
なんか、この物体、超合金的でトランスフォーマーみたいと思ったら、ホントに「トランスフォーマー」シリーズの製作会社が作った映画なんですね。さしずめ海のトランスフォーマー(笑)

窮地に陥っても、相変わらず頼りないT・キッチュに対して、浅野忠信の頼りがいのあること!
西洋人に囲まれるとより吊り目が気になるが(笑)、これは相当の儲け役。格好いいぞ。
そして頼りない男(くどいか)と較べると、そのの恋人、ブルックリン・デッカーの方がずっとたくましいのだ。
腰のひけてる学者と、足を失った元兵士とともに、T・キッチュをサポート。結構な活躍を見せる。

活躍といえば、ラスト近く、昔の戦艦に乗っていた老人たちが重要な役割を果たして、めでたしめでたしとなるところではスカっとしましたね。

T・キッチュの成長物語も盛り込まれていたと思うのだけど、最後までなんだかしゃきっとせず、タフさにかけるのがねー。もうちょいキリっとしてほしかった・・・
このままだと、T・キッチュ、難しいなあ。

この映画、パズルゲームのバトルシップを原案としているようで。
今度やってみようかな。

« カレル・チャペック『スペイン旅行記』 | トップページ | こしひかり越後ビール 新潟キャラクター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/57604353

この記事へのトラックバック一覧です: 「バトルシップ」:

« カレル・チャペック『スペイン旅行記』 | トップページ | こしひかり越後ビール 新潟キャラクター »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon