« カラブリア ロッソ カンティーナ・エノトリア | トップページ | 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」 »

2013/07/11

岩根圀和『物語 スペインの歴史 人物編』

本日の本

物語 スペインの歴史 人物篇―エル・シドからガウディまで (中公新書)
book-27 『物語 スペインの歴史 人物編』 岩根圀和著 中公新書

スペイン本は続いてます・・・

歴史本ではあるが、人物にスポットライトをあてた本。
登場するのはエル・シド、ファナ女王、聖職者ラス・カラス、セルバンテス、ゴヤ、ガウディ。

この中で知らなかったのはラス・カラス。今まで聞いたことなかった、と思う。そして、残念ながらあまり興味は持てず。

エル・シドは前に、チャールストン・ヘストン&ソフィア・ローレン主演の映画を見て知っていたのだが、映画で描かれたより、野蛮な人だったのか・・・映画ではちょっと美化されていたかもしれない。

女王ファナは、絵でみたことがあって、まさに凶人。悲劇的な人ではある。

セルバンテスは、へえ、こういう人だったのかと。こんな人が、ドン・キホーテを書いたというのが不思議な気がする。

ゴヤは、激動の人生を送ったといえるが、意外に頑固でポリシーを曲げない人だったようで・・・今度プラドでじっくり見てこよう。

ガウディは最近、本を読んだところだけれど、相当な変人(笑)
じゃないと、あんなおもしろい建築はできないですな。

この本、結構おもしろかったです。


« カラブリア ロッソ カンティーナ・エノトリア | トップページ | 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/57746601

この記事へのトラックバック一覧です: 岩根圀和『物語 スペインの歴史 人物編』:

« カラブリア ロッソ カンティーナ・エノトリア | トップページ | 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon