« 岩根圀和『物語 スペインの歴史 人物編』 | トップページ | 【ファインバーグ・コレクション展】 »

2013/07/12

「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」

本日の映画

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 [DVD]
movie-40 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」  Johnny English Reborn   2011年英
DIR:オリヴァー・パーカー
CAST:ローワン・アトキンソン、ジリアン・アンダーソン、ドミニク・ウェスト、ロザムンド・パイク
STORY:大きな失態で、チベットの僧院に引きこもっていた諜報機関MI7のスパイ、イングリッシュ。久々にお呼びがかかり、中国首相の暗殺計画を阻止すべく、新人スパイとともに香港に向かうが・・・
☆☆☆スパイパロディ。

見始めて気づいたのだが、一作目、まだ見てなかったよ~
でも、見てなくても全然平気。多分、見ていても、そんなに覚えてなかったかも、こういう映画だから。

ワタクシ、Mr.ビーンは大好きで、昔よく見ていたのだけど、声を出すと変な感じ。ビーンがしゃべったよって感じで(笑)

まあ、この映画もビーンの延長で、そこかしこにビーン的な笑いが散りばめられているわけだけど、プラス、思いっきりスパイ映画(主に007)をパロってるので、大笑いというより、どちらかというと苦笑い。

ビーンだと、短いので(映画もあったが)、クフフと笑っておしまいだったのだが、長尺だと、同じギャグが重なるとちょっと飽きちゃうかなーというところはある。
掃除婦に化けたスパイのギャグは最後まで笑ったけど。あれはロッテ・レーニャのパロディですよね?

本家007に出ていたロザムンド・パイクを使ったり、局長役で「X-ファイル」のスカリーことジリアン・アンダーソンがまじめに出演してたり、いかにも悪そうなD・ウエストがらしい役を演じていたりとキャストはなかなか。

ちょっとくどくなりかけたところもあるけれど、パロディが好きな方は結構楽しめるのではないかと思う。

« 岩根圀和『物語 スペインの歴史 人物編』 | トップページ | 【ファインバーグ・コレクション展】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/57746621

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」:

« 岩根圀和『物語 スペインの歴史 人物編』 | トップページ | 【ファインバーグ・コレクション展】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon