« サントリー 琥珀の寛ぎ | トップページ | 「バイオハザードⅣ アフターライフ」 »

2013/07/28

渡辺和子『置かれた場所で咲きなさい』

本日の本

置かれた場所で咲きなさい
book-30 『置かれた場所で咲きなさい』(kindle版) 渡辺和子著 幻冬舎

昨年のベストセラー。
筆者は、ノートルダム清心理事長のシスター。
シスターということもあって、随所にキリスト教的なお話が出てきて、ミッション系の中高に通ったものの、クリスチャンというわけではないワタクシ的には、やや、ん?と思うところがなくはなかったが、全体的にはわかりやすく、非常に蘊蓄のある言葉が書かれている。
いちいちなるほどねと思う。でも、意外に難しいことなんじゃないだろうか。
例えば、タイトルになっている置かれた場所で咲くということ。
きっと自分だったら、置かれた場所が不本意な場所だったら、文句を言い、嘆き、不機嫌になり・・・

シスターは人一倍苦労してきた方。
陸軍教育総監の娘として生まれ、2.26事件の時に目の前で父親が射殺され、その後修道女になり、36歳という若さでノートルダム清心女子大の学長となっているが、苦労の連続だったようだ。
だからこそ、人々の心にしみいる言葉が出てくるんでしょうね。

落ち込んだ時、何かがうまく行かない時・・・
そんな時にまた読んでみたい。

« サントリー 琥珀の寛ぎ | トップページ | 「バイオハザードⅣ アフターライフ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/57883336

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺和子『置かれた場所で咲きなさい』:

« サントリー 琥珀の寛ぎ | トップページ | 「バイオハザードⅣ アフターライフ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon