« 【夏目漱石の美術世界展】 | トップページ | 多摩の恵 明治復刻地ビール »

2013/07/07

【エミール・クラウスとベルギーの印象派展】

art-26 【エミール・クラウスとベルギーの印象派展】 東京ステーションギャラリー

1307071
エミール・クラウス・・・ルミニスムは、4年ほど前だったか、ベルギー王立美術館コレクション展(損保ジャパン)で、見て以来結構好きで(本家でもたくさん見たけど)、これは是非見なくてはと思っていた展覧会。

残念ながら、東京ステーションギャラリーは、作品リストがなくて・・・
是非作ってほしいなあ。

章立ては次のとおり。
第1章 エミール・クラウスのルミニスム
第2章 ベルギーの印象派:新印象派とルミニスム
第3章 フランスの印象派:ベルギーの印象派の起源
第4章 ベルギーの印象派:日本での受容

いやはや、こんなにまとめてエミール・クラウスが見られるのって貴重ですね。ワタクシ好みの作品がたくさん!
風景画もいいし、お花の絵もいいし。
レイエ川の絵をたくさん描いてるんですね。牛が渡る絵、迫力あり!
人物と風景が画かれている絵は特にタッチが柔らかで、癒されますね。

クラウス以外のベルギー、ルミニスムの画家の作品もなかなかいい。
特にお気に入りは、積み藁の絵(ウェールト)。牧歌的な雰囲気の絵が多いのがツボ。

モネのウォータールー橋の絵と、エミール・クラウスのウォータールの比較もおもしろいが、是に関しては、モネの方がいいかな。

第4章の日本コーナーでは、影響を受けた(実際教えを請うた)画家、児島虎次郎(大原美術館の基礎を作った画家)と太田喜二郎が並んでいたが、今まで気づかなかったけれど、もろ、ルミニスムの影響を受けてたんですねぇ。びっくり。風景画は、日本なのに、まるで外国みたいに見える・・・光が、日本っぽくないのかも。
好みでは、児島虎次郎かな。

印象派が好きな方はきっと気に入ると思います。
是非!

« 【夏目漱石の美術世界展】 | トップページ | 多摩の恵 明治復刻地ビール »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/57746137

この記事へのトラックバック一覧です: 【エミール・クラウスとベルギーの印象派展】:

« 【夏目漱石の美術世界展】 | トップページ | 多摩の恵 明治復刻地ビール »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon