« マルデンス・ブルー | トップページ | 「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 »

2013/07/24

カルロス・ルイス・サフォン『風の影』上・下

本日の本

風の影 (上) (集英社文庫)風の影 (下) (集英社文庫)
book-29 『風の影』上・下 カルロス・ルイス・サフォン著 集英社文庫

STORY:1945年バルセロナ。古書店の息子ダニエルは父に連れられて訪れた「忘れられた本の墓場」で一冊の本と出会い、その作者の過去を追うが、ダニエルの身に危険が迫る。

☆☆☆☆スペインのミステリ。

いや、ミステリというカテゴリーにくくれる本ではない。あらゆる要素が詰まった、ともかくおもしろい本なんである。

この本の存在は、出た当時評判がよかったので、知ってはいたが、その時は縁がなくて・・・
今年、スペイン、それもこの本の舞台となっているバルセロナに行くので、ふと読んでみようと思い立った。

読み始めるととまらないし、すーっと物語に入っていける。最後は一気読みだった。

まず、「忘れられた本の墓場」という設定が、本好きとしてはうれしい。こんなところに行ってみたいもの。本だらけなんて幸せだろうなあ。

過去と現在がシンクロしながら物語は進んでいくのだが、次々と場面は転換する。
少年の成長物語であり、恋愛物語であり、冒険物語であり・・・
裏切りあり、友情あり、謎の人物あり・・・
スペインに暗い影を落とした内戦についても書かれている(なんたる悲劇!)。

たくさんの糸が次第に1本の糸へと収束していく展開が思いっきりツボ。
いやはや、うなりましたね。

登場人物もみな魅力的なのだけど(嫌な奴は徹底的に嫌な奴に描かれているがそこがまたいい)、内戦で失脚しホームレスとなってしまったフェルミン(ダニエルの父のお店で働くことになる)が特にいい。

とってもおもしろかったものだから、ただいま、2作目の「天使のゲーム」を読んでるところであります。

« マルデンス・ブルー | トップページ | 「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/57839378

この記事へのトラックバック一覧です: カルロス・ルイス・サフォン『風の影』上・下:

« マルデンス・ブルー | トップページ | 「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon