« Canon CanoScan LIDE 210 | トップページ | 「ホテル・ルワンダ」 »

2013/09/30

エリック・キース『ムーンズエンド荘の殺人』

本日の本

ムーンズエンド荘の殺人 (創元推理文庫)
book-36 『ムーンズエンド荘の殺人』  エリック・キース著  創元推理文庫

STORY:探偵学校の卒業生たちに校長からの同窓会の案内状が届いた。雪の山荘に到着した彼らを待っていたのは死体。吊り橋が爆破され孤立してしまった彼らの元に殺人予告の手紙が・・・

☆☆☆雪の山荘版『そして誰もいなくなった』だそう。
なんていわれると、読まないわけにいかないじゃないですか!

確かにね。
一人一人殺されていくんですね。各章の番号の下の×印が、誰か死ぬたびに減っていく・・・
なるほどねと思ったけれど、一つの章が短すぎるような。
読みやすいような、思考が分断されるような・・・

『そして誰もいなくなった』だなと思いつつ、読んだので、ありゃりゃ、だまされた!
そりゃ、同じような犯人なわけはないか。
ちょっとくやしい(笑)

現代のこの設定は難しそうなのだが、そこはうまくクリア。
今なら携帯やネットで簡単に連絡できるじゃん、というのを電波が入らないということにして。
しかし、そこからはちょっと展開がのろいというか、皆さん、あまり切迫感がない(笑)
従って、どんどん人が減っていくのに盛り上がらない。
さすがに、ラストは盛り上がったけれど、サスペンスとしてはもうちょっとかな。

いや、でもまずまず。
作者の第一作とのことだけど、次作はどんなものを書くんだろうなあ。

« Canon CanoScan LIDE 210 | トップページ | 「ホテル・ルワンダ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58288331

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・キース『ムーンズエンド荘の殺人』:

« Canon CanoScan LIDE 210 | トップページ | 「ホテル・ルワンダ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon