« エリック・キース『ムーンズエンド荘の殺人』 | トップページ | カンポ・ヴィエホ クリアンサ »

2013/10/01

「ホテル・ルワンダ」

本日の映画

ホテル・ルワンダ [Blu-ray]
movie-52 「ホテル・ルワンダ」  Hotel Rwanda  2004年英伊南ア

DIR:テリー・ジョージ
CAST:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス、ニック・ノルティ、ジャン・レノ
STORY:1994年ルワンダ。フツ族とツチ族の和平がまとまるかに思えた時、フツ族の大統領が暗殺され、フツ族がツチ族を襲撃しはじめる。ベルギー系の高級ホテルの支配人ポールは逃れてきた人々をかくまう。

☆☆☆☆実話の映画。

ルワンダの大量虐殺事件、詳しくは知らなかったのだが、想像以上に悲惨だったんですね。
民族問題というのは古来からあるもので、なぜ?と思うけれど、割り切れる問題じゃない。
しかし、ルワンダの場合、作られた対立だったようなのだ。
ベルギーの入植者がツチ族の方が優れているとしたため、フツ族の恨みがつもりに積もって爆発した、ということらしい。
同じ国の人が殺し合うという悲劇。そして、国際社会はそんな悲劇的な国を見捨てるという・・・
実につらい映画だった。

主人公の支配人ポールは、世の中をうまく渡るタイプで、最初は逃げ腰。
しかし、次第に正義感に目覚め、たくさんの人を救うことになる。
脅し、賄賂、金、あらゆる手段を使う。なかなかしたたか。
演じるのはドン・チードルだが、すばらしい存在感で、この人以外考えられないキャストでである。

ラスト、主人公の家族は助かるが、取り残された人もたくさんいるわけで・・・
ほっとするとともにやりきれない思いも残る。

いやでも、これは是非とも見るべき映画と思う。

« エリック・キース『ムーンズエンド荘の殺人』 | トップページ | カンポ・ヴィエホ クリアンサ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58288353

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホテル・ルワンダ」:

« エリック・キース『ムーンズエンド荘の殺人』 | トップページ | カンポ・ヴィエホ クリアンサ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon