« 竹橋:KUSHI GARDEN DELI&CAFE | トップページ | サッポロ 冬物語 »

2013/10/07

【竹内栖鳳展】(後期)

art-37 【竹内栖鳳展】(後期) 東京国立近代美術館

1310071_2
先日前期展示を見にいったところではあるが、とてもすばらしかったので、後期も行くことに。
前期展示の感想をたっぷりと書いたので、今回は簡単に。

第1章 画家としての出発
「芸阿弥(唐瓜と胡蝶図)模写」。若い頃から才能豊かだったことがわかる作品。
写生帖は頁替えがされていて、またまた楽しめる。ホント、全頁見てみたい。


第2章 京都から世界へ
前後期通しての展示「金獅子」がやっぱりすばらしいのだが・・・
大阪歴史博物館所蔵の「獅子図」もいい。たてがみ、毛並みが細かい。
「狐狸図」も好きだが、一番気に入ったのは、「雪中噪雀図」。雪の中、にぎやかにさえずる雀がほほえましい。


特集展示1 美術染色の仕事
ここはあまり変わらず。

第3章 新たなる試みの時代
「アレ夕立に」の下絵がきていた。残念ながら、完成品は10月8日からの展示で見ることはできない。
「群鴉」はカラーのはっきりした作品。ちょっとめずらしいかも。黒が目立つ。
しかし、この章の一番のみものは、やはり「斑猫」。山種ので、数度見てはいるのだが、何度見てもいいなあ。毛並みを描かせるとさすが、なのである。
この作品が一番人だかりができていた。

特集展示2 旅
ローマの図は姿を消していたが、代わってきていたのは、「和蘭春光・伊太利秋色」。オランダとイタリアなのだが、やっぱり樹木が日本的。
中国を描いた絵は南画的で、これはこれで味わいがある。

第4章 新天地をもとめて
猫といえば、この作品の猫もかわいい。「小春」という作品で、かごの中の猫が描かれている。
「冬瓜」は冬瓜の上に、ネズミがおり、「炎暑」はじょうろの上に蜂。こういう構図が好きだったのかもしれない。
「艶陽」の蛇はちょっとなあ・・・
一番気に入ったのは、「惜春」。薪の上にウグイス、そして下には花びらが散っている。いかにも春らしい淡い色彩ですてき。

特集展示3 水の写生
後期展示は滝の絵で統一されていて、前期展示よりよかった。滝マニアなので・・・

前後期とも充実していました。
まだの方は是非!

蛇足
時間があったので常設展示も駆け足で。
新しい所蔵作品である、速水御舟の作品の展示があったのだが・・・
ぱっと見て、御舟とは思えない作品なのでありました。
1310072

« 竹橋:KUSHI GARDEN DELI&CAFE | トップページ | サッポロ 冬物語 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58334800

この記事へのトラックバック一覧です: 【竹内栖鳳展】(後期):

« 竹橋:KUSHI GARDEN DELI&CAFE | トップページ | サッポロ 冬物語 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon