« レゼルヴ・トラディション ボルドー・ルージュ | トップページ | 「エレクトリック・ミスト 霧の捜査線」 »

2013/11/27

トマス・H・クック『ローラ・フェイとの最後の会話』

本日の本

ローラ・フェイとの最後の会話 (ハヤカワ・ミステリ 1852)
book-44 『ローラ・フェイとの最後の会話』  トマス・H・クック著  ハヤカワ・ミステリ

STORY:講演のためセントルイスを訪れた歴史学者のルークは思いがけない人物と再会する。その人、ローラ・フェイは20年前、故郷で家族に起きた悲劇のきっかけとなった女性だった・・・

☆☆☆初トマス・H・クックである。
なぜか今まで縁がなくて・・・

杉江松恋さんの『読み出したら止まらない!海外みすてりーマストリード100』に紹介されていたので、よし読んでみようという気になった。

秀才と言われたものの、その後パッとしない学者人生を送っているルークと、因縁の女性ローラ・フェイとの一晩の会話だけで進行していく物語。
これがなかなかに読ませるのである。ぐいぐいと引き込まれる。
現在から過去へと戻りつつ、過去の真相があぶり出されていく。
辛い真実なのだけど、ラストは感動。よかった、救いがあって・・・

クックの作品、過去のものは救いがないらしいのだけど、昔の作品も徐々に読んでみようかな。
本来、ワタクシとしては救いのある方がいいのだけれど、この文章力、描写力が素晴らしいので、じっくりと小説を読みたいと思った時には、きっといいと思う。

« レゼルヴ・トラディション ボルドー・ルージュ | トップページ | 「エレクトリック・ミスト 霧の捜査線」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58635838

この記事へのトラックバック一覧です: トマス・H・クック『ローラ・フェイとの最後の会話』:

« レゼルヴ・トラディション ボルドー・ルージュ | トップページ | 「エレクトリック・ミスト 霧の捜査線」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon