« ボジョレー・ヌーボー ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ・アラン・シャンバール | トップページ | レゼルヴ・トラディション ボルドー・ルージュ »

2013/11/25

「家族の庭」

本日の映画

家族の庭 [DVD]
movie-60 「家族の庭」  Another Year  2010年英

DIR:マイク・リー
CAST:ジム・ブロードベント、レスリー・マンヴィル、ルース・シーン、イメルダ・スタウントン
STORY:トムとジェリーの夫婦は、穏やかな生活を送っている。唯一の気がかりは息子トムがなかなか結婚しないこと。ジェリーの同僚は夫妻の家に足繁く通うが、トラブルメーカーで、トムの恋人にも絡んで夫妻を怒らせてしまう。

☆☆☆☆人間ドラマ。

見る前はもっと暖かいドラマだと思っていたのだが・・・
かなり辛辣なドラマだった。

トムとジェリー(って名前が笑えるが)の夫妻は、誰もがうらやむ幸せな夫婦。
お互いに専門的な仕事を持ち、休日には家庭菜園の手入れをし、友人たちとの食事を楽しむ。悩みといえば、息子がいい年して結婚しないことだけ。
完璧!

ところが、夫妻の家に集う友人や、トムの兄は幸せではない。
ジェリーの同僚メアリーは、大酒のみで、トラブルを起こしてばかり。場違いに騒いだりして皆をうんざりさせることも。さらに、こともあろうか夫妻の息子に恋をして、その恋人の出現に動揺、醜態をさらしてしまう。
メアリーに思いを寄せる夫妻の肥満気味の友人ケンは、なかなか過去の出来事から立ち直れず、メアリーにはそっけなくされてしまう。
ジェリーの兄は、妻に先立たれ、息子とは疎遠になっており孤独。

夫妻の幸せな生活との対比で、孤独な人々が浮き彫りとなるのだが、特にメアリーが哀れだ。
行くところがなく、ラストでまた夫妻の家にやってくるのだが、幸せそうな家族の食事の中で、身の置き所のなさが気の毒なくらい。
幸せそうな風景で映画は終わるのに、苦さが残るのだ。

一見やさしそうな夫妻の毒。
なかなか怖いドラマなのでありました。

« ボジョレー・ヌーボー ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ・アラン・シャンバール | トップページ | レゼルヴ・トラディション ボルドー・ルージュ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58635790

この記事へのトラックバック一覧です: 「家族の庭」:

« ボジョレー・ヌーボー ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ・アラン・シャンバール | トップページ | レゼルヴ・トラディション ボルドー・ルージュ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon