« 東海林さだお『どら焼きの丸かじり』 | トップページ | クリスターノ カヴァ ブリュット »

2013/12/25

「何という行き方!」

本日の映画

何という行き方! スタジオ・クラシック・シリーズ [DVD]
movie-67 「何という行き方!」  What A Way To Go!  1964年米

DIR:J・リー・トンプソン
CAST:シャーリー・マクレーン、ディーン・マーティン、ポール・ニューマン、ロバート・ミッチャム、ディック・ヴァン・ダイク、ジーン・ケリー、ロバート・カミングス
STORY:ルイーザはお金持ちが大嫌いで、母親につきあわされていた金持ちの息子をふって、貧しい店主と結婚するが、あっという間にお金持ちになり、過労で死亡。次に貧しい芸術家と結婚するが、売れっ子になり、また死亡。こうして、結婚するたびに資産が増えるのだったが・・・

☆☆☆☆楽しいコメディ。

前々から見てみたかった映画。ようやく見ることができた。
思った通り楽しいのなんの。
シャーリー・マクレーン、やはりコメディによく似合う。底抜けに明るい。

男優陣も豪華なこと!
1番目の夫は、ディック・ヴァン・ダイク。ぎくしゃくとした動きがおもしろい。「メアリー・ポピンズ」、また見たいなあ。
2番目の夫は、ポール・ニューマン。ニューマンは、本質的にはコメディはどうかなと思うのだが、苦虫をかみつぶしたような表情がおかしい。
3番目の夫は、ロバート・ミッチャム。眠たげな目で動きは重くて、これまたコメディはどうか?と思ったが、案外イケる。
4番目の夫は、ジーン・ケリー。ちゃんと歌ったり踊ったりしてくれてうれしい。
そして、昔の恋人で5番目の夫は、ディーン・マーティン。この人のコメディ演技は手慣れたもので、顔の演技がおもしろい。

コメディとはいっても、ちょっとブラックユーモアだったり、皮肉な展開だったりするのだけれど、最初から最後まで楽しい!って気分になれる映画。

こんな映画を、どちらかというアクション映画のイメージがある、トンプソン監督が撮ったというがちょっと不思議・・・

« 東海林さだお『どら焼きの丸かじり』 | トップページ | クリスターノ カヴァ ブリュット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58809487

この記事へのトラックバック一覧です: 「何という行き方!」:

« 東海林さだお『どら焼きの丸かじり』 | トップページ | クリスターノ カヴァ ブリュット »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon