« スワロフスキー アヒル(4匹セット) | トップページ | 「キングダム・オブ・ヘブン」 »

2013/12/19

トレヴェニアン『バスク、真夏の死』

本日の本

バスク、真夏の死 (角川文庫)
book-46 『バスク、真夏の死』  トレヴェニアン著  角川文庫

STORY:青年医師のジャン=マルクは、ある夏の日、カーチャと知り合う。ひっそりと暮らす一家。彼女の双子の弟は、姉を愛してはいけないと言う。
☆☆☆トレヴェニアン2冊目。

『夢果つる街』を読んでとてもおもしろかったものだかが、続けて読んでみた。
まったく異なるテイストの小説である。

前半は、謎はいろいろとあるものの、恋愛小説と言ってもいい内容。
それが、後半一気にサスペンススリラーに。
この展開にはびっくりする。

ジャン=マルクが恋をしたカーチャには、双子の弟がいて、この弟が、非常に冷酷になったかと思えば、あるときは手のひらを返したように陽気で楽しい人物になったり、どうもつかみづらい。
正直、この弟が出てくるとイラっとさせられたのだが、これにももちろん意味があるわけで、後半、なるほどねと思うことになる。

いやしかし、ラストはホントに悲劇的。
衝撃を受けたあとに、さらなる衝撃が・・・

なかなかに後を引きずりそうな小説でありました。

« スワロフスキー アヒル(4匹セット) | トップページ | 「キングダム・オブ・ヘブン」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58763615

この記事へのトラックバック一覧です: トレヴェニアン『バスク、真夏の死』:

« スワロフスキー アヒル(4匹セット) | トップページ | 「キングダム・オブ・ヘブン」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon