« トレヴェニアン『バスク、真夏の死』 | トップページ | デルタ・ヴィンヤード マールボロ ピノ・ノワール »

2013/12/20

「キングダム・オブ・ヘブン」

本日の映画

キングダム・オブ・ヘブン(ディレクターズ・カット) [Blu-ray]
movie-66 「キングダム・オブ・ヘブン」  Kingdom Of Heaven  2005年米

DIR:リドリー・スコット
CAST:オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーン、リーアム・ニーソン、ジェレミー・アイアンズ、エドワード・ノートン、デヴィッド・シューリス、ブレンダン・グリーソン
STORY:12世紀フランス。妻子を亡くし悲しみにくれる鍛冶屋の青年バリアンは、実父の騎士からの誘いを一度は断るものの、追われる身となって十字軍に参加することになる。エルサレム王国に着いたバリアンは、王女と恋に落ちて・・・

☆☆☆歴史アクションドラマ。

オーリー、騎士の役、似合うなあ。
といっても、やはり主役を張るのはちと荷が重すぎたようで・・・
脇が重厚なのでなんとか、持ったものの、情けなすぎるのがちょっとねぇ。
R・ニースンやJ・アイアンズの重厚さ、顔は一切見せない(のではじめ誰だかわからなかったが)のに声の演技だけで見せるE・ノートンなどなど。
これじゃあ、オーリーの影が薄くなってもやむを得ないか。

E・グリーンも美しいのだけど(よく見るとお母さんのマルレーヌ・ジョベールと似てるような)、あまり高貴な王女には見えないような・・・ボンド映画の方が魅力的だった。

それにちょっと長すぎるんですね。
この時代の背景がちゃんとわかってないというのもあるけれど、途中ちょっと退屈してしまった。
見終わっても、全部をちゃんと理解はできなかったし(十字軍というものが)・・・

さすが、戦闘場面は迫力があって、見応えはあるものの、まあそれにつきるというか(笑)

歴史物って勉強にはなるんですけどね。

« トレヴェニアン『バスク、真夏の死』 | トップページ | デルタ・ヴィンヤード マールボロ ピノ・ノワール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58763629

この記事へのトラックバック一覧です: 「キングダム・オブ・ヘブン」:

« トレヴェニアン『バスク、真夏の死』 | トップページ | デルタ・ヴィンヤード マールボロ ピノ・ノワール »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon