« 朝日 | トップページ | ボタルクラ カベルネソーヴィニヨン »

2013/12/12

「綴り字のシーズン」

本日の映画

綴り字のシーズン [DVD]
movie-65 「綴り字のシーズン」  Bee Season  2005年米

DIR:スコット・マクギー
CAST:リチャード・ギア、ジュリエット・ビノシュ、フローラ・クロス、マックス・ミンゲラ、ケイト・ボスワース
STORY:宗教学者の父親が兄をひいきにしていると感じているイライザ。スペリング・コンテストで優勝、さらに地区大会でも勝ち進む娘を見て、父親の関心は今度は娘に向けられる。

☆☆☆ほろ苦いドラマ。

勝手な想像で、もっと感動的なドラマだと思っていたのだが、そうではなかった。
ラストは希望を残すものの、まだどうなるかという不安定さも残って、ああよかったとは思えないところがちょっと悲しい。

主人公一家は、理想的な家族に見えるものの、いろいろな問題を抱えていた。
父親は優秀な息子のことしか見ず、母親は情緒不安定、娘は父親の対応で寂しい気持ちを持っていた。
それが、娘にスペリングの才能があることがわかってから、父親の関心は娘へと移り、その結果、息子は宗教に走り、母親はさらに精神に問題をきたしてしまう。
娘がスペリングの大会で勝ち進むにつれ、さらに崩壊していく家庭。
いや、もともと崩壊しかかっていたのが、ひょんな拍子で顕在化しただけと言ってもいいのかもしれない。

賢く、そして皆を冷静に観察していた娘が最後にとった行動は・・・
これでよかったのだろうか、と思うものの、これしかなかったと思ったに違いない。
おそらく、一家は再生に向かうのだろう(おそらくは・・・でもわからない)というところで幕切れ。

それぞれの(娘以外の)感情の動きがいまひとつわかりづらかったのもあるのだが、うーん、なんかすっきりしなかった。

息子役は、ミンゲラ監督の息子だそうで。眉太い(笑)。
しかし、娘役のフローラ・クロスが芸達者で、この後、一本しか映画に出ていないのが残念だ。

« 朝日 | トップページ | ボタルクラ カベルネソーヴィニヨン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/58720584

この記事へのトラックバック一覧です: 「綴り字のシーズン」:

« 朝日 | トップページ | ボタルクラ カベルネソーヴィニヨン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon