« 【東海道五拾三次展】 | トップページ | 両国:ちゃんこ江戸沢 東京総本店 »

2014/01/26

【大浮世絵展】

art-6 【大浮世絵展】 江戸東京博物館

1401261
午前中に【東海道五拾三次展】を見た後、食事をはさんで【大浮世絵展】へ。
チケット売り場の列は長くなっていて、こりゃ大変!
と思って中に入ったら案の定、かなりの混み具合。平日だったのにな~

東京会場だけでも、なんと8期にわかれていて、約340点も出品されるという。
残念ながら一回しか行けそうもないけれど。

第1章 浮世絵前夜
浮世絵誕生に至るまでの肉筆画。
出光美術館の「江戸名所図屏風」よりスタート。これ、じっくり細かく見たらとってもおもしろいと思うのだけど、混んでいたのでじっくりとは見られず。残念。
ここはさらりと流して・・・

第2章 浮世絵のあけぼの
浮世絵が誕生、次第に肉筆画から版画へ。
最初の浮世絵師、菱川師宣から。残念、「見返り美人図」の展示は終わってしまったけれど・・・
今まであまり意識して見たことがなかった奥村政信がなかなかよかった。
あけぼの期では、墨摺絵、丹絵、紅絵、漆絵、紅摺絵など、錦絵にたどり着くまでのいろいろな版画形式が使われていて、興味深い。

第3章 錦絵の誕生 
カラフルな錦絵の誕生!
錦絵創始期の第一人者は鈴木清信。
ワタクシ、どちらかというと、この人は苦手だったのだが、今回はとってもいい絵が。
「雪中相合傘」である。モノトーンに近い色合いで、なんともいえない風情。から摺りにきめ出しという手間のかかる技法が使われている。
これからは食わず嫌いにならずに見よう。
この他、気に入ったのは北尾政美の「江戸両国橋夕涼之景」など。
あと、お相撲さんのも、ユーモラスでよかったなあ。

第4章 浮世絵の黄金期
18世紀末からは浮世絵の黄金期に入る。美人画、役者絵が大型化する。
まずは鳥居清長。なんといっても有名な「大川端夕涼」(女性たちが夕涼みをする様子を描いた)がいいのだが、お隣の「吾妻橋下の涼船」も好き。この時代の暑い時期の楽しみなんですね。かつおをさばく姿も見える。
続いて喜多川歌麿。
「当時三美人」。ふーむ、この当時の美女が揃った絵ですか。誰が一番美人?
「高嶌おひさ」は表は正面図、裏は後ろ姿で、ぴったりとあっているところがすごいですね。
しかし、ワタクシ的に感心したのは、「画本虫撰」や「潮干のつと」。細かく描き混まれていて、これ、全頁見てみたい。
そして、東洲斎写楽。どれも力が入ってるなあ。迫力満点。

第5章 浮世絵のさらなる展開
美人画、役者絵の他に風景画が加わった時代。このパートが一番の楽しみだった。
今まであまり注目して見ていなかった渓斎英泉。
風景画が案外いい。
葛飾北斎は何度となく・・・しょっちゅう見てはいるのだけど、いいものはいつでもいいんですね。今回、展示された冨嶽三十六景のうち、「神奈川沖浪裏」と「尾州不二見原」は大好きな作品。
はじめて見た「紫陽花に燕」もよかった。紫陽花の色合いがとても美しく、シュッと飛ぶ燕がいいアクセント。
続いて歌川広重。東海道五拾三次はばっちり見てきたのでおいといて・・・
名所江戸百景の「浅草他甫酉の町詣」も「大はしあたけの夕立」も大好きな作品。猫の丸い背中かわいいなあ。夕立の雨の表現は見事。
はじめて見た「阿波鳴門之風景」は大迫力。渦が迫ってくるよう。
そして、歌川国芳。やっぱり猫ですね、国芳といえば。「当字 うなぎ」がきてました。
上方の方の浮世絵のコーナーもあったが、なんとはなしに雰囲気が違うような・・・
江戸百景を模したと思われる「滑稽浪花名所」がユーモラス。

第6章 新たなるステージへ
幕末~明治にかけて、新たな浮世絵が生まれた時代。
まずは月岡芳年。血まみれ芳年の名にふさわしい?絵がきていた。
「奥州安達がはらひとつ家の図」。一昨年行った芳年展でも見たが、何度見ても怖すぎるよ~
「蒸気車鉄道之全図」なんかは文明開化の香りのするカラフルな楽しい絵なのに・・・
続いて小林清親。
残念!「画布に猫」、見たかったのに第1期だけの展示だったか。
「日本橋夜」、これは光と影を効果的に描いて美しい。
夏目漱石の装幀で有名な橋口五葉が一枚。ちょっとモダンな感じ。
そして、最後は、先日、千葉市美術館でたっぷりと見てきた、川瀬巴水でしめくくり。

いやはや、すごい人で見るの大変でしたが、見応えはあります。
十分体力をつけて?行きましょう。

« 【東海道五拾三次展】 | トップページ | 両国:ちゃんこ江戸沢 東京総本店 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/59009894

この記事へのトラックバック一覧です: 【大浮世絵展】:

« 【東海道五拾三次展】 | トップページ | 両国:ちゃんこ江戸沢 東京総本店 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon