« ヴィクトル・アルナル・インゴウルフソン『フラテイの暗号』 | トップページ | シャトー・テール・ブランク »

2014/03/11

「家族はじめました」

本日の映画

かぞくはじめました [Blu-ray]
movie-12 「家族はじめました」  Life As We Know It  2010年米

DIR:グレッグ・バーランティ
CAST:キャサリン・ハイグル、ジョシュ・デュアメル、ジョシュ・ルーカス、クリスティナ・ヘンドリックス、メリッサ・マッカーシー
STORY:アリソン、ピーター夫妻の紹介でデートすることになったホリーとエリック。お互いの印象は最悪でデートは大失敗に終わるが、ある日アリソン、ピーター夫妻が交通事故で他界。遺言で2人の娘をホリーとエリックが引き取ることになるのだが・・・

☆☆☆ロマンティック・ドタバタ・コメディ。

キャサリン・ハイグルといえば「幸せになるための27のドレス」。あれ、よかったなあ。
あの映画がぐーっと出てきて、このままいくと、ロマコメの女王になれるかと思ったものの、その後が続かない・・・

いや、期待通りの映画に出てはくれるんだけれど、今ひとつブレイクしないというか。

この映画も、そこそこおもしろい。
が、日本では未公開となってしまった。知名度が今ひとつなのかなあ。残念。

サイアクな出会いだった二人が、通常の手順を飛び越えて、いきなり家族となってしまう。
突如、赤ちゃんの親となることになってしまった二人は、戸惑い、いがみ合い・・・
当然ながら最初はまったくうまくいかない。

ところが、どういう化学反応か(観客にはあらかじめわかっているけれど)、2人は次第に接近、本物の家族への近づいていく。

もちろん、結末はめでたし、めでたし。
ホッ。

K・ハイグルのコメディエンヌぶりはいつものとおりいいが、相手役がなんとJ・デュアメル。「トランスフォーマー」の強面の彼。コメディに向くかしらんと心配だったが、なんとなくちぐはぐな感じはぬぐいきれないものの、まずまず。

K・ハイグルもこれからがちょっと難しそうだ。

« ヴィクトル・アルナル・インゴウルフソン『フラテイの暗号』 | トップページ | シャトー・テール・ブランク »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/59263769

この記事へのトラックバック一覧です: 「家族はじめました」:

« ヴィクトル・アルナル・インゴウルフソン『フラテイの暗号』 | トップページ | シャトー・テール・ブランク »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon