« イクオリティー シャルドネ・ヴィオニエ | トップページ | 「グリーン・ホーネット」 »

2014/04/20

ネレ・ノイハウス『深い疵』(kindle版)

本日の本

深い疵 (創元推理文庫)
book-12 『深い疵』(kindle版)  ネレ・ノイハウス著  創元推理文庫

STORY:ホロコーストを生き残り、アメリカ大統領顧問を務めたユダヤ人が殺害された。ところが、被害者はナチスの武装親衛隊員だったことがわかる。その後、第2、第3の殺人事件が起こり・・・

☆☆☆ドイツのミステリ。

ドイツのミステリって今まであまり読んだことがなかったなあ。
作者は、ドイツのベストセラー女性作家(名前からは一瞬わからなかった)で、これはシリーズ三作目とのこと。

主人公は、貴族出身のオリヴァー警部と部下のピア刑事。
男性の上司と部下の女性のコンビってまあいろいろあるけれど(最近読んでる中ではフィンランドのレーナ・レヘトライネンのミステリーを思い出したり)、この二人はなかなかにいいコンビ。お互いに信頼してるし、オリヴァー警部は理想の上司かも??

で、お話だが、
はじめはちょっと入っていきづらいのである。
はじめの殺人のあと、成金貴族一家が登場してくるのだけど、いやはや関係者が多すぎる!
登場人物のページの家系図をしょっちゅう見ながらだから、進まないこと(笑)

ようやく登場人物が頭に入ってからは、スイスイと進んでいき・・・
話はどんどん広がっていき・・・
過去へと戻っていく。

怪しい人物が入れ替わり立ち替わり登場するものだから、警察同様すっかり翻弄されてしまったが、真相は辛く悲しいものだった。そして結末も・・・

ドイツというとナチス・・・
という通り、やはりこれもナチがらみで、とにかくその部分は読んでて辛いのだけど、決して読後感は悪くはなくて、うん、結構好きだな、これ。

4作目も是非読もう!

« イクオリティー シャルドネ・ヴィオニエ | トップページ | 「グリーン・ホーネット」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/59503234

この記事へのトラックバック一覧です: ネレ・ノイハウス『深い疵』(kindle版):

« イクオリティー シャルドネ・ヴィオニエ | トップページ | 「グリーン・ホーネット」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon