« 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』 | トップページ | イルセルチアート キャンティ DOCG »

2014/04/16

「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」

本日の映画

ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ [Blu-ray]
movie-22 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」  The Twailight Saga:Breaking Dawn-Part2  2012年米

DIR:ビル・コンドン
CAST:クリステン・スチュワート、ロバート・パティソン、テイラー・ロートナー、ビリー・バーク、ピーター・ファシネリ、エリザベス・リーサー、ケラン・ラッツ、ニッキー・リード、ジャクソン・ラスボーン、アシュリー・グリーン、マイケル・シーン、ダコタ・ファニング、マギー・グレイス
STORY:ヴァンパイアのエドワードと結婚し、自らもヴァンパイアに転生したベラ。ベラの子、レネズミは驚異的に成長するが、ヴァンパイアの頂点に君臨するヴォルトゥーリ一族はヴァンパイアを滅ぼす不滅の子と考え、抹殺をたくらむ。

☆☆☆トワイライト・サーガ完結編。

ブレイキン・ドーンもPart1があまりにひどすぎてうんざりしたのだけれど、ここまできたら最後まで見なきゃね。
だんだん、惰性になってきてるんだけれど、途中でやめちゃいけません。
はじめは、すっごい感動したのにな。

で、Part2なのだが、1よりははるかにまし。
これ、少し縮めて一作にした方がよかったんじゃないかな。1があまりだらだらしてから、縮めれば十分一作でよかったはず。

いよいよ、ベラも愛する人と結ばれて、ヴァンパイアに。
ヴァンパイアもいろいろで、ベラも特殊能力の持ち主であることがわかる。
この能力を生かして、ヴォルトゥーリ一族との戦いにのぞむわけだけど・・・

このシリーズ、ヴァンパイアものといいながら、あまり怖くはないし、残酷でもなかった、今までは。
しかし、本作では、結構グロい。血は飛ぶわ、首は飛ぶわ・・・
すさまじい戦いが繰り広げられる。
ここにきて、ちょっと異色だなと思ったら、オチがあったが。ここで少々肩すかし。まあこのシリーズだからこれでよかったのかもしれないけれど。

笑っちゃったのが、ベラの子が狼族のジェイコブの刻印の相手だったこと。
なんでかな~
今までの三角関係はなんだったの?
ワタクシ、エドワードよりジェイコブの方が素敵!って思ってたけど、がっくりきましたね。
これでめでたし、めでたしとはいえない気が・・・
わけわからん。

といいつつ、最後まで見てしまいました。

« 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』 | トップページ | イルセルチアート キャンティ DOCG »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/59462053

この記事へのトラックバック一覧です: 「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」:

« 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』 | トップページ | イルセルチアート キャンティ DOCG »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon