« 【ジャック・カロ展】 | トップページ | アサヒ アクアゼロ »

2014/05/26

【非日常からの呼び声展】

art-34 【非日常からの呼び声展】 国立西洋美術館

1405261
カロ展の先に別の展覧会があった。
作家、平野啓一郎氏が選ぶ西洋美術館の名品である。

ワタクシ、平野さんの本は一冊も読んだことがなく・・・
どういったチョイスをするのかまったく想像がつかなかった。
あ、でも今度本も読んでみようかな。

6つのカテゴリーに分かれる。
Ⅰ 幻視
ここは好きな絵ばかりだった。
マックス・クリンガーの「手袋」、ロラン、モロー、ムンク、ルドン。
意外と趣味があうかも・・・

Ⅱ 妄想
デューラーの「メランコリア」、ゴヤはかなり難解。
テニールスの「聖アントニウスの誘惑」はよくよく見ると不可解で不気味。

Ⅲ 死
死といっても表現はいろいろ。
悪魔、骸骨・・・

Ⅳ エロティシズム
サロメが2枚。これらだけでなく、どうも自分が考えていたエロティシズムとは違うような。
 
Ⅴ 彼方への眼差し
「ゴリアテの首を持つデヴィデ」・・怖い。これって、信仰という範疇に入るのだろうか?

Ⅵ 非日常の宿り
ハンマースホイの絵は人が描かれていても、冷たい感じがあるのが非日常か?
ムンクの「接吻」は溶けそうな感じがおもしろいが、非日常?

とまあ、人の感性はいろいろなので、はてな?と思うキャプションもあったものの、見慣れている絵が違って見えるという、おもしろい企画だった。

またゆっくり常設展を見てみたいものですね。
そして、違う方をゲストキュレターに迎えてまたこういう企画やってほしいですね。

« 【ジャック・カロ展】 | トップページ | アサヒ アクアゼロ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/59703371

この記事へのトラックバック一覧です: 【非日常からの呼び声展】:

« 【ジャック・カロ展】 | トップページ | アサヒ アクアゼロ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon