« 水沢勉・津田孝二『ベルリン美術散歩』 | トップページ | グラン蒼龍 »

2014/06/12

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」

本日の映画

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [Blu-ray]
movie-29 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」  The Best Exotic Marigold Hotel  2011年英米アラブ首長国連邦

DIR:ジョン・マッデン
CAST:ジュディ・デンチ、ビル・ナイ、ペネロープ・ウィルトン、トム・ウィルキンソン、マギー・スミス
STORY:神秘の国インドの高級リゾートホテルへ是非といううたい文句に惹かれ、やってきた7人のイギリスの男女。しかし、到着した彼らが見たのは、将来高級リゾートホテルになる予定というボロホテルだった・・・

☆☆☆☆イギリスの名優が贈るヒューマン・コメディ。

そうそうたる顔ぶれ。これは期待せざるを得ない・・・
実際、なかなかにいい映画だった。

わけあって、インドのあるホテルにやってきた7人の男女。
亡くなった夫の負債を返すため家を売って心機一転やってきたイヴリン。
退職金で家を買うはずが娘が事業に失敗したためインドにくることになったダグラス夫妻。
股関節の手術がイギリスでは相当先になると言われ大嫌いなインドにやってきたミリュエル。
恋を求めてやってきたノーマンと、金持ちの夫を見つけるためにやってきたマッジ。
子供の頃別れてしまった恋人との再会を夢見てやってきたグレアム。

いずれも訳ありで、せっかく夢見てやってきたホテルがボロボロでがっくり。
はじめは文句たらたらだった彼らもやがて・・・

夫に頼りきりだったイヴリンは職を得、ダグラス夫妻はお互いの感情に素直になることにし、人種差別の激しかったミリュエルは反省、最後に意外な才能を発揮、恋人を見つけようとやってきた二人も収まるところに収まり、グレアムも恋人(男性)に再開し、ずっと内に秘めていた思いを解放・・・

ホテルを経営する若者のエピソードを交えつつ展開するお話は、ラストがちょっと甘すぎる嫌いはあるものの、心地よく進んでいき、気分よく見終えることができる。

そして、名優揃いなので安心して見ることができるんですね。
あ、そうそう、インド人のホテル経営者、どっかで見たことあると思ったら「スラムドッグ$ミリオネア」の彼じゃないですか。まだまだういういしい感じだけど、好感度高し。

いい映画です。

« 水沢勉・津田孝二『ベルリン美術散歩』 | トップページ | グラン蒼龍 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/59778392

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」:

« 水沢勉・津田孝二『ベルリン美術散歩』 | トップページ | グラン蒼龍 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon