« セレクション・バリカ102ガルナッチャ・ティントラ | トップページ | 「タイタニックの最期」 »

2014/06/05

『びっくり先進国ドイツ』 熊谷徹

本日の本

びっくり先進国ドイツ (新潮文庫)
book-17 『びっくり先進国ドイツ』 熊谷徹著  新潮文庫

『あっぱれ技術大国ドイツ』に続いての熊谷さんのドイツ本。
ドイツの人に対する勝手なイメージは、几帳面、規則に従う、まじめ(あくまでもワタクシの勝手なイメージです)。
そして、よくドイツ人と日本人は似ているとも言われるが、この本を読むとだいぶ違うなち思う。当たり前だけど。

ドイツの人たちは倹約家らしい。
服飾品にはお金をかけず、食べ物にもさほどお金をかけないそう。
それは、可処分所得が低いからとのこと。ふーん、これ意外。

『あっぱれ技術大国ドイツ』に書かれていたが、残業はなく、きっちり労働時間を守り、休暇はしっかり取る。今は必ずしもそうではなくなってきてはいるようだけど、なんともうらやましいではないですか。いやー、やろうと思えばできるんだろうけれど、なかなか意識改革はできませんね。

ドイツのいいところ、見習うべきところ、逆によくないところも書かれていて、なるほどと思うことも多い本でした。

« セレクション・バリカ102ガルナッチャ・ティントラ | トップページ | 「タイタニックの最期」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/59744843

この記事へのトラックバック一覧です: 『びっくり先進国ドイツ』 熊谷徹:

« セレクション・バリカ102ガルナッチャ・ティントラ | トップページ | 「タイタニックの最期」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon