« 松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ』(kindle版) | トップページ | シャトー・マルロメ キュヴェ・レスキス・ド・マルロメ »

2014/07/30

「フェイシズ」

本日の映画

フェイシズ [Blu-ray]
movie-42 「フェイシズ」 Faces In The Crowd  2011年米仏加

DIR:ジュリアン・マニャ
CAST:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ジュリアン・マクマホン、サラ・ウェイン・キャリーズ、マイケル・シャンクス
STORY:教師のアンナは、ある日殺人鬼の通称涙のジャックの殺人現場を目撃、逃げる際に頭を打ってしまう。昏睡から覚めた彼女は相貌失認になってしまい、自分の顔さえも判別できなくなってしまった。捜査に協力するものの犯人の顔は思い出せない。そんな中犯人の魔の手が・・・

☆☆☆相貌失認をテーマにしたサスペンス。

相貌失認という障害、はじめて聞いたのがこの映画。
うーん、こんな障害があるんですねぇ。
他人の顔のみならず、自分の顔まで判別できず、見るたび顔がかわるって怖いなあ。想像がつかない。
顔だけで、他のものは(服装とか)見分けがつくっていうのが不思議だ。

で、その相貌失認となる主人公はM・ジョヴォヴィッチ。
新しいぞ、この役。
ミラといえば、やはり激しいアクションというイメージなのだけど、この映画ではかなりかよわく、いつもおびえてる役。
ちょっと新鮮。

次第に追い詰められる主人公だが、そこに絡んでくるのは担当の刑事さん。
思った通り、主人公と恋に落ちるのだけど、守らなきゃってとこで、どうして髭を剃る!
髭を剃らなければ・・・
これってラストの展開をそーするための無理矢理な設定だよな~

ここで減点。

十分おもしろかったけれど(設定も特異だし)、あの人もあの人も死んでしまうとは・・・
まあでも主人公も最後は幸せそうだったからいいか。

« 松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ』(kindle版) | トップページ | シャトー・マルロメ キュヴェ・レスキス・ド・マルロメ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/60052865

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェイシズ」:

« 松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ』(kindle版) | トップページ | シャトー・マルロメ キュヴェ・レスキス・ド・マルロメ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon