« 森貴史・藤代幸一『ビールを〈読む〉』 | トップページ | キンタ・ラス・カブラス カベルネ・ソーヴィニヨン »

2014/07/16

「すべてはその朝始まった」

本日の映画

すべてはその朝始まった [DVD]
movie-38 「すべてはその朝始まった」 Derailed  2005年米

DIR:ミカエル・ハフストローム
CAST:クライヴ・オーウェン、ジェニファー・アニストン、ヴァンサン・カッセル、メリッサ・ジョージ、ジャンカルロ・エスポジート
STORY:チャールズはある朝電車の中で美しい女性ルシンダと知り合い、次第に親密になっていく。とうとう一線を越えそうになった2人。ホテルに暴漢が押し入り、2人の秘密を知った男は恐喝してくる。

☆☆☆日本未公開のサスペンス。

この映画、アメリカでは結構ヒットしたようなのになんで未公開なんでしょうねぇ。
キャストが地味だったせい?
あまりおもしろくないの?

と思ったら、案外おもしろいね、これ。

まあはじめから、なんかおかしいなと思っていたので、ネタばらしされて、あ、やっぱりそういうことね~
と思ったものの・・・
よくできてはいる。

そして、その後の展開が主人公の逆襲になっていくわけで・・・
さらにもう一ひねり。あれれ、この人も死んじゃう???

チャールズ役のC・オーウェンは、ダメ夫を演じて、その情けなさが新鮮だったのだが、さらに新鮮だったのはJ・アニストンだった。
コメディエンヌだと思っていたので、こういうサスペンスでもいけるとは。ちょっと意外な役でいい意味でびっくり。
逆にこの人ならではというが暴漢役のV・カッセル。もう、見るからに悪人面だもんね(笑)。ホントやな役がぴったり。

ちょっとした拾い物的映画でした。

« 森貴史・藤代幸一『ビールを〈読む〉』 | トップページ | キンタ・ラス・カブラス カベルネ・ソーヴィニヨン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/59978723

この記事へのトラックバック一覧です: 「すべてはその朝始まった」:

« 森貴史・藤代幸一『ビールを〈読む〉』 | トップページ | キンタ・ラス・カブラス カベルネ・ソーヴィニヨン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon