« サントリー 秋の贅沢 | トップページ | 「バンク・ジョブ」 »

2014/08/24

アラン・ブラッドリー『春にはすべての謎が解ける』

本日の本

春にはすべての謎が解ける (創元推理文庫)
book-27 『春にはすべての謎が解ける』 アラン・ブラッドリー著 創元推理文庫

STORY:聖人のお墓が考古学研究のため開かれようとした時、フレーヴィアはオルガン奏者の死体を発見してしまう。早速、犯人捜しを始めるフレーヴィアだが・・・
☆☆☆フレーヴィアシリーズ第5弾。

待ってました、フレーヴィアの本。
少女探偵物としては、ナンシー・ドルーよりおもしろいシリーズ。

ま、なんてったってフレーヴィアのキャラがいいですからね。
化学マニア、好奇心旺盛。
で、結構なひねくれ者。

今回も、化学の知識を応用して事件に迫るフレーヴィア。今までで一番化学が取り上げられてたかも?
そして、なるほど。ちょっとひねりもあって、ミステリーとしての落としどころもよかったですね。

プラス、家族の問題も進展が。
いよいよ困窮して、屋敷が売り出される一家。
そんな中、今まで最悪だったお姉さんたちとの距離がちょっと縮まり、気むずかしいお父さんとも距離が縮まり・・・
亡くなった母親の影も濃くなって・・・

フレーヴィア、姉妹の中で一番母親に似てたんですね。
なので、姉妹にいじめられてたのかな。うらやんでのことだったのかな。

というわけで、だんだんと家族の絆も深まる5冊目。
最後にえ????というエピソードが。
これ、ホントにどうなるの?

早く続きを出してくれないと気になってしょうがないぞ!

« サントリー 秋の贅沢 | トップページ | 「バンク・ジョブ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/60204161

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・ブラッドリー『春にはすべての謎が解ける』:

« サントリー 秋の贅沢 | トップページ | 「バンク・ジョブ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon