« ベルリン・ドレスデン旅行(4日目) | トップページ | ベルリン・ドレスデン旅行(6日目) »

2014/08/16

ベルリン・ドレスデン旅行(5日目)

7時起床。8時前に朝食。
ペッパーチーズ、スモークサーモン、ルッコラ、トマト、きゅうり、ベーコン、スクランブルエッグ、パン、オレンジジュース、紅茶。そして、チョコのかかったクーゲルホッフも取ってみる。普段の食事でデザートを食べることはないのだけど、朝置いてあるようなものはあまり大きくはないからたまにチャレンジ。それでも同居人と半分ずつに。結構甘い。

部屋に戻ってみると、なんと!お掃除がもう終わっていた。なんという早業。洗濯物干したままだったんだけど(笑)。札をかけておけばよかった。まさかこのスキにくるとは思ってなかったので。

9時半すぎ出発。この日はUバーン、Sバーンに乗らないと行けないところに出かけるので一日乗車券を買おうと自販機にチャレンジしたのだが・・・
まずカードを使おうとしたらダメ、次のにうつったらコインしかダメ、次はお札OKだったのに戻ってきてしまう、次はそもそも壊れてる・・・
というわけで5つ目にしてようやく買うことができた。6.7ユーロなので3回乗ると元がとれる。

すっかり時間が取られてしまったが気をとり直して地下鉄に乗り込み、一回に乗り換えてリヒャルト・シュトラウス・プラッツ駅で降り、向かったのはシャルロッテンブルク宮殿。
この宮殿は初代のプロイセン国王が王妃シャルロッテのために建てた夏の離宮なのだが、ベルサイユに憧れて造ったというだけあって、ミニベルサイユ風である。

1408051
チケットを買うのに少々並び、すべてに入ることができるチケット(15ユーロ)を購入。ここ、写真を撮るにはそのチケットも買って、カメラOKの紙を腕に巻いて回らねばならないのだが、まあそれはいいかということでパス。しかし、無断で撮っている人が何人かいて厳しく言われていたし、追徴金まで取られていた人もいたようだった。

ヨーロッパの宮殿は結構どこも似ているので、なんかデジャブーを感じるのだけれど、この宮殿は大きさがそこそこなので見やすい。
一番有名な間は陶磁器の間だが、これは見事!壁中が陶磁器。よく集めたな~
この時、カメラ券を買わなかったことをちょっと後悔した。
他にもいろいろと豪華な間があり、とても目の保養になった見学だった。

14080511
旧宮殿からは庭がすぐそこに見えているのだが、簡単には出られない。ぐるーっと回っていかなければならないのである。
左からも右からも行けるのだが、ショップを見つつ(またあとでおみやげを買おうかと言っていたのだが、結局ここには戻れなかった)左まわりで。庭に出る前にノイアー・パビリオンに寄る。ちっちゃな所ではあるが、フリードリヒが見られる。今回はホントによくフリードリヒを見た。日本でもフリードリヒ展やらないかなあ。

その後、暑い中庭園を歩いていく。
ベルサイユよりは狭いから楽勝じゃんと思っていたのだが、それなりに広いわけで、じりじりと焦げる。
途中の池で、スズメにえさをやりつつ(指をつつかれた)さらに先を進む。
1408052
ベルベデーレ宮殿に到着。この名前だからよっぽど大きいかと思うと、とても小さな建物。中には陶磁器が飾られている。

さらにぐるっと歩いて霊廟へ。ささっと見学、再び池に戻って、今度は白鳥の子に手ごと食われる・・・

ここの見学はこれでおしまいで、今度は右側をまわって外へ。
この頃には黒い雲がむくむくとわいてきていて、不穏な空気が・・・

クライネ・オランジュリーというカフェレストランで食事をと思ったが、外で食べるのは危険な気がしたのでパス、駅近くまで歩いていくことにした。

途中まあここでいいかというところが見つかったって、パラソルのある外の席に陣取ったものの、やがて雨が降ってきて、しかも強く(風も)なってきたので、慌てて中に駆け込む。窓際の席に座ったら今度は雨漏り。さらに中に。やれやれ、これ以上進まずこのお店に決めてよかった。
同居人はカリーブルスト、ワタクシはフライドソーセージ。ここのカリーブルストはケチャップの中にもカレー粉が混ざっているみたいでまた違う味わい。フライのソーセージもなかなか。ビールは黒ビールにした。チップ込み(少々多めに・・・雨宿りさせてもらったので)で40ユーロ。
こうして突然雨が降り出すから、結構ぬれている人もいる。常に傘を持って歩かないと!

食べ終わる頃には雨も弱まってきたので再び歩き出す。
同じ駅から乗ろうと思っていたのに、うっかり通りこしてしまい、次の駅まで行ってしまった。といってもそれほどの距離じゃないんだけど。

1408053
一回乗り換えて向かったのは、ケーテ・コルヴィッツ美術館。
2つの大戦を生きた(第二次世界大戦終結の直前に亡くなっている)女性版画家、彫刻家で、戦争の苦しみ、悲しみなどを表した作品が多い。
美術館の建物は決して大きくはないけれど、見応えあり。重い作品ばかりでずしりとくるけれど、これは是非行ってみてほしいですね。

1408054
もう5時になってしまったけれど、地下鉄一本で行けるのでがんばってベルリンの壁アートを見に行くことに。
最寄りの駅に降り立つと、なんか雰囲気がよくない。こういう時は足早にささっと通り過ぎる。
1.3キロ、全部で105点の絵があるそうなのだけど、残念!落書きがひどすぎる。はじめはこんなじゃなかっただろうに。あの有名なブレジネフとホーネッカーのキスの絵もひどいこと。
いろいろとおもしろい絵もあって行ってよかったけれど、一度でいいかな。
1408055

14080561408057
オスト駅からSバーンに乗って、フリードリッヒ・シュトラーセ駅まで行き(電車混み混み)、そこからブランデンブルク門へと歩いていく。この有名な観光地をまだ写真撮ってなかったんですね。
そして、その前で食事をしたもののやはり写真を撮っていなかった、ホロコースト記念碑も撮ってホテルへと戻る。
途中、おみやげやさんで熊のちっちゃなぬいぐるみを購入した。

1408058
少し休憩して、8時過ぎにホテル近くのマウルタッシェン専門店へ。ついに!!
ワタクシはスープ、同居人はマウルタッシェンを切って卵とからめて焼いたものを。胃にいい感じ。飲み物は、シュヴァーベン地方のビールにした。
140805914080510
お酒は控えめだったので、またまたスーパーに行ってラドラーを買ってきた。
ビールにレモネードを混ぜたものでサッパリ系。意外といいですね。夕方なんかに軽く飲みたい感じ。

こうしてベルリン最後の夜が終わった・・・

(6日目に続く)

« ベルリン・ドレスデン旅行(4日目) | トップページ | ベルリン・ドレスデン旅行(6日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/60162172

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン・ドレスデン旅行(5日目):

« ベルリン・ドレスデン旅行(4日目) | トップページ | ベルリン・ドレスデン旅行(6日目) »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon