« ラウカ・カベルネソーヴィニヨン | トップページ | 【生誕200年ミレー展】 »

2014/10/10

松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ』(kindle版)

本日の本

万能鑑定士Qの事件簿V (角川文庫)
book-34 『万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ』(kindle版)  松岡圭祐著 角川文庫

STORY:鑑定士の凛田莉子はお盆休みにパリ旅行を計画していたが、かつて劣等生だった教え子を心配した恩師の喜屋武先生がついてきてしまう。同級生の楚辺が2人を迎えるが、楚辺が働く一流レストランで事件が・・・

☆☆☆万能鑑定士シリーズ5作目。

今回は番外編というか・・・
舞台はパリへと飛ぶ。
しかも、記者の小笠原君はほとんど出てこず、ライバル?になりそうな同級生が登場。

しかし、意外な?活躍を見せてくれるのが恩師の喜屋武先生。
先生も、パリに行きたかった動機はあるのだけれど、ホントにダメダメな子だった莉子を心から心配してのおせっかい。
はじめは鬱陶しいなと思っていた莉子も先生に助けられることになり・・・最後には感動的な場面も用意されていて、ホントにいい先生だ、喜屋武先生。また是非登場してほしい。

パリが大好きなワタクシとしては、それだけでワクワクするのだけれど、ミステリー的にもああなるほどと納得。ただ、犯人の動機がねぇ。気持ちはわかるんだけど、そこまでするかなあ。というか、そこまでゆがんでしまったということか。
莉子はちゃんと犯人のことも理解していたけれど。

ちらっと出てきたルーブルの話が、9巻目に続くのか。これは楽しみ!
そこまで早く辿りつかなきゃ。

« ラウカ・カベルネソーヴィニヨン | トップページ | 【生誕200年ミレー展】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/60427132

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ』(kindle版):

« ラウカ・カベルネソーヴィニヨン | トップページ | 【生誕200年ミレー展】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon