« マージェリー・アリンガム『窓辺の老人 キャンピオン氏の事件簿Ⅰ』 | トップページ | シャトー・タヌンダ カベルネ・シラー »

2014/11/18

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

本日の映画

スター・トレック イントゥ・ダークネス [Blu-ray]
movie-60 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」  Star Trek Into Darkness  2013年米

DIR:J・J・エイブラムス
CAST:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・チョー、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、ピーター・ウェラー、ブルース・グリーンウッド、アントン・イェルチェン、レナード・ニモイ
STORY:ある惑星を探査中のカークは盟友スポックを救うため、重大な規律違反をしてしまう。地球に帰還したカークは艦長を解任されるが、その頃恐るべき陰謀が進行していた・・・

☆☆☆新スター・トレック第2弾。

旧シリーズも見てみようと言っていながら結局見るヒマがなく・・・
まあでも見てなくてもOKだからいいでしょう。

すっかり慣れたパイン=カーク、クイント=スポックだが、今回もこの2人を軸に展開する。
相変わらず熱血野郎で規律なんてくそ食らえのカークに、常に冷静、規律・秩序を重んじる宇宙人スポック。正反対の2人は、しょっちゅうぶつかるし、仲違いもしたりするのだが、結局はお互いを助けることになる。あのスポックが、カークのために感情的に敵を殴り続けるなんてね。
この2人の熱い(スポックは熱くは見えないけれど)友情が見どころの一つ。

そして、今回の敵役は、ホームズことベネディクト・カンバーバッチ。
冷徹な悪役、似合うなあ。
顔の長いなんとも言えない風貌で不気味。悪役の方がむしろ似合ったりして。

今回もちゃんとレナード・ニモイが顔を出してくれているところもうれしいし、次作も期待できるかな?

« マージェリー・アリンガム『窓辺の老人 キャンピオン氏の事件簿Ⅰ』 | トップページ | シャトー・タヌンダ カベルネ・シラー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/60665237

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」:

« マージェリー・アリンガム『窓辺の老人 キャンピオン氏の事件簿Ⅰ』 | トップページ | シャトー・タヌンダ カベルネ・シラー »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon