« あけましておめでとうございます | トップページ | 日本橋:主水 日本橋店 »

2015/01/02

【東山魁夷 わが愛しのコレクション展】

art-1 【東山魁夷 わが愛しのコレクション展】 日本橋三越本店

1501021
今年最初の展覧会はデパートにて。

この展覧会、東山魁夷の絵だけでなくて、魁夷が集めた古美術品もあわせて展示している。
このコレクションが大変幅広く・・・
古代エジプト、ペルシャのものから、ルオーやルドン、ガレまで。
いやでも趣味がいいなあ。

絵は、若き時代、貨物船に乗ってヨーロッパに向かった道中のスケッチ作品からはじまる。
スエズの風景など、まだまだ魁夷節は感じられないものの、明るくていいですね。

で、ヨーロッパに着いて、なんとホドラーの模写をしてる。先日まさにホドラー展で見てきたユウグフラウの模写。「秋思」という作品も、ホドラーの絵からインスパイアされた絵のようだ。

戦前の作品で、めずらしや室内画も一枚あったけれど、やはり魁夷といえば風景画。
どれもいいんだけれど、やはり青の絵がいいかなあ。
青は静寂とか孤独とかのイメージで、魁夷は青が好きだったというよりか、青で描くべき風景が好きだったということらしい。
そういう意味では、北欧の風景はとても似合うですね。
今回もフィンランドやデンマークなどを描いた作品があった。
青ではないけれど、気にいったのは「冬支度」という作品。デンマークで描かれた作品とのことだが、冬に使う薪がぎっしり詰められているという絵である。

この色のつながりで言えば、唐招提寺の障壁画のためのスケッチがあって、海と岩が荒々しく迫力があった。
いいなあ、唐招提寺の障壁画。これは是非本物を見てみたい。

青に続くイメージは白で、冬の風景が美しい。
日本の雪の風景もいいし、北欧の白い風景も素敵。

でも、紅葉を描いたカラフルな魁夷もなかなかいいですね。
「秋映」、とても鮮やかだった。

東山魁夷、何度見てもいいな。
心洗われます。
是非どうぞ。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 日本橋:主水 日本橋店 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/60912112

この記事へのトラックバック一覧です: 【東山魁夷 わが愛しのコレクション展】:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 日本橋:主水 日本橋店 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon