« ヴィヴェカ・ステン『静かな水のなかで』 | トップページ | 獺祭 純米大吟醸50 »

2015/01/14

「ハートに火をつけて」

本日の映画

ハートに火をつけて(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]
movie-1 「ハートに火をつけて」  Catchfire  1989年米

DIR:アラン・スミシー(デニス・ホッパー)
CAST:デニス・ホッパー、ジョディ・フォスター、ディーン・ストックウェル、ヴィンセント・プライス、ジョン・タトゥーロ、フレッド・ウォード、チャーリー・シーン、ジョー・ペシ
STORY:マフィアの殺人事件を目撃してしまったアンの元に差し向けられた殺し屋。しかし、殺し屋はアンに恋をしてしまった・・・

☆☆☆曰く付きの映画。

というのは、デニス・ホッパーが監督をかねていたものの、製作会社が勝手に編集を変えてしまったことに怒り、クレジットを拒否。匿名にしたい時の名義アラン・スミシーで公開された。
のちに、ホッパー監督は自分で編集し直しており、これも公開されたようなのだけど、ワタクシが見たのはアラン・スミシー版の方。

どうやら、監督編集版の方がキモ度がUPしてるらしい・・・
ゲゲッ。
でも、アラン・スミシー版だって十分キモいんですけど。
殺し屋、ほぼストーカーじゃん。変態じゃん。
またこの役が妙に似合うんだよな~デニス・ホッパー。
「ブルー・ベルベット」の役もかなり強烈だったけれど、この映画もなかなか。いやこの映画の役はかわいらしい?
なんだかんだ言って、形勢逆転、人質であるアンの言うなりになったりして。

ホッパーが描きたかったのは、愛だったのかもしれないが、編集によってサスペンス寄りになってしまっており、これはホッパー、確かに不満だったかもな~
ホッパー版は見ていないので、何とも言えないのだけれど(そのうち時間があったら見てみるか)、ごくごくフツーの映画ファンにはアラン・スミシー版の方がいいのではないかと。

しかし、怯える役のはずなのに、やっぱりジョディが演じるとすごーい強い女性になっちゃうんですね。

« ヴィヴェカ・ステン『静かな水のなかで』 | トップページ | 獺祭 純米大吟醸50 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/60960034

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハートに火をつけて」:

« ヴィヴェカ・ステン『静かな水のなかで』 | トップページ | 獺祭 純米大吟醸50 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon