« アイ・ハート・シラーズ | トップページ | アカデミー賞最終予想 »

2015/02/21

いちご狩り(秩父)

2月の恒例行事、いちご狩り。
今年は秩父に行ってみることにした。ずいぶん前に一回だけ秩父に行ったことがあるがそれ以来。
秩父にしようと思ったのは、帰りに入間のコストコに寄って更新手続きをしたかったから。
いちご狩りとコストコの間に、ワイナリーでの買い物というのもはさもうとは思ったが、それ以外はまったく決まっておらず・・・いちご狩りの場所もあまり考えずに、まあ行き当たりばったりでいいやと出かけることに。

9時前に出発。
1時間半ほど走って、トイレ休憩。飯能の観光案内所があったが、そこはスルー、隣のザ・ダイソーでお茶を買う。ダイソーとザ・ダイソーはどう違うんでしょう?ここのダイソー、大きくてじっくり見たいところだったが先を急ぐので断念。

そこからまたしばらく走って、そろそろいちご狩りができる場所があるのではとキョロキョロしていたところ、いちご狩りののぼり旗が見えてきた。
道の駅果樹公園あしがくぼで、とりあえず車をとめてみる。
どうやら、通りの向こうの道を上がっていくと、十数軒の農家があっていちご狩りができるらしい・・・
ということで、車で上がっていったのだが、全然どこもあいていない。問い合わせ先に電話をするも現在使われておりませんとつながらず。土日しかあいていないのか、いやしかし、電話がつながらないのはおかしい・・・
よくわからないが、あきらめて別の場所に向かうことに。雪もちらちら舞って寒い。

1502211
なんのあてもないが車を進めると、いちご狩り農園への近道こちらと書いてあり、行ってみることに。たどり着いたのは小松沢レジャー農園。どうやらやってるみたいということで車を降りようとしたら、食事とセットでないとダメで、それはそばやうどん打ち体験の模様・・・いやあ、それはいいや、あきらめようということになり、うなだれつつ引き返そうとした時に目に入ったのが食事の内容。バーべーキューやきのこ鍋があるみたい。とりあえず値段を見に行ってみようと駐車場に車をとめる。出たら、ん?臭うぞと思ったら、そこにやぎが!えさやり100円というのに激しく惹かれる。

奥に進んでいくと大きな看板があって値段が判明。いちご狩りと食事のセットで一人3000円。これならいいじゃんということで、受付を済ます。

1502212
この日のハウスは、やぎの隣のハウス。
めずらしや、紅ほっぺ。毎年いちご狩りに行っているが紅ほっぺははじめて。高い位置に苗があって、かがまずに取れるのがうれしい。広いハウスにお客さんは数組ということもあって、状態のいいいちごがたくさん残っていて、苦労せずに取れた。おいしかったのだが、なにせ胃袋が小さいのでたくさんは食べられず。いやでも大満足。

1502213_2
いちご狩りはだいたい30分という制限がついているが、そこまでは食べられないよな~
本年も20分ちょっとで退散。
さてお昼。チョイスしたのは大好きなきのこ鍋。
いやはやなかなかの量ですぞ。きのこご飯と手打ちうどんもついている。
豚肉、白菜、ねぎ、豆腐、人参、春菊、ひらたけしめじ、椎茸、なめこ、まいたけ。
白菜はちょっと残してしまったが、結構がんばった。おなかいっぱい。

1502214
車に乗る前に、えさやりタイム!100円で人参スティックを買って、二匹のやぎに。やっぱり怖いよ~やぎ。目が四角いし。

1502215
この農場からは武甲山がよく見えた。おもしろい形だよねぇ(違う角度から見るとピラミッドみたいだ)。

1502216
さ、気を取り直して出発。再び道の駅果樹公園あしがくぼへ戻る。氷柱が見られると書いてあったから。チラシを見ると、尾の内百景氷柱と大滝三十槌の氷柱とあわせて、秩父三大氷柱とのことで、スタンプラリーになっているのだった。あしがくぼの氷柱の写真を見ると、うーん、これ絶対作り物だよねと思えたのだが(あとで調べたら、沢の水をまいて作っているとちゃんと書いてありました)・・・
駐車場から歩いて5分ほどでチケット売り場に到着。一人200円。そこからぐいぐい上がっていくと、おお見えてきました、氷柱。氷柱と聞いてイメージする氷柱とは違ったのだが、これはこれで美しい。氷柱に雪が積もっているのもおもしろい。人工の氷柱だけれど、芸術としていいんじゃないでしょうか。ライトアップしたらきれいだろうな、確かに(土曜はやってるとか)。
一番上まで登ると、甘酒と紅茶のサービスが(チケット提示)。紅茶をチョイス。なんでもこの横瀬町では紅茶を作っているらしい。濃くておいしい紅茶。氷のそばを通って冷えた体が温まった。

道の駅の売店を見てみたら、紅茶があって、ついつい購入。
おみやげのジャムも購入。同居人は日本酒を買っていた。

1502217
続いて、ワイナリーを目指す。
秩父ワイナリーである。源作印ワインを造っているところ。昨年も一升瓶で飲んだっけ。
スマホのナビでなんとか到着。
売店に入ると、試飲はいかがですかと声をかけられた。同居人は運転があってダメなので、代表してワタクシが(笑)。
赤をお願いすると、まず源作印、続いてカベルネのGKT、最後に低温醸しが出てきた。だんだんと濃く渋くなる感じ。最後のは樽の香りがしっかり。GKTと低温醸しを購入、人のおみやげにも1本小さいのを買った。満足満足。

少し日が傾きはじめ、もうこれ以上、どこかに行くのは無理そうだったので(当初は宝登山に行くか、こたつ船でも乗るかなどと言ってはいたのだけど)、長瀞を経由して花園インターへ向かう。
インターに入る直前、道の駅はなぞので休憩したあと、高速に乗り入間で降りる。
最後の目的地はコストコ。

着いた時には6時を過ぎており、一時間ほどで買い物を済ませ帰宅。

1502218
本日の戦利品。

1502219
コストコで買ったもの。

ドライバーさん、お疲れ様でした(完)

« アイ・ハート・シラーズ | トップページ | アカデミー賞最終予想 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/61174304

この記事へのトラックバック一覧です: いちご狩り(秩父):

« アイ・ハート・シラーズ | トップページ | アカデミー賞最終予想 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon