« 『カルニヴィア2 誘拐』 ジョナサン・ホルト | トップページ | コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ »

2015/04/07

「クィーン」

本日の映画

クィーン〈スペシャルエディション〉 [DVD]
movie-17 「クィーン」  The Queen  2006年英仏伊

DIR:スティーンヴン・フリアーズ
CAST:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス
STORY:1997年ダイアナ元皇太子妃が事故で他界。何のコメントも出さず沈黙を守るエリザベス女王に対し、国民の怒りが爆発。就任したばかりのブレア首相はなんとか事態を収拾しようとするが・・・

☆☆☆☆イギリス王室の実録ドラマ。

なんといっても、エリザベス女王に扮したヘレン・ミレンの演技が圧巻である。
アカデミー賞をはじめとして、その年の主演女優賞を総なめしたのもむべなるかな。
顔が似てる(似せてる)というわけではないのだけど、雰囲気、たたずまいが女王そのもの。気品があって毅然としていて・・・
H・ミレンじゃなかったら、この映画、成功しなかったでしょうね。

ブレア首相を演じたマイケル・シーンも素晴らしかった。
M・シーンというと、どうも「アンダーワールド」の狼男とか「トワイライト・サーガ」のヴァンパイアのイメージが強くてそういう俳優さんね、と思っていたのだけど、どうしてどうして。この役、うまい。
これまた、決して顔が似てるわけではないのだけど、正義感にあふれた若き首相の姿を熱演。

いやはや、しかし、いずれも実在の人物で、しかも王室がらみ。よく映画化したよな~
日本ならストップがかかりそうなものだけど、さすがイギリス王室は大人(笑)。
エリザベス女王や皇太后はまあそう悪くは描かれているけれど、無関心なフィリップ殿下とか、打算で動く皇太子なんて決してよくは描かれてない気がするのだけど・・・

オーソドックスな構成もよい。

☆一つはヘレン・ミレンの演技に!

« 『カルニヴィア2 誘拐』 ジョナサン・ホルト | トップページ | コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/61393091

この記事へのトラックバック一覧です: 「クィーン」:

« 『カルニヴィア2 誘拐』 ジョナサン・ホルト | トップページ | コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon