« ポール・アダム『ヴァイオリン職人の探求と推理』 | トップページ | 渋谷:かしわ 渋谷ヒカリエ店 »

2015/04/24

「かぞくモメはじめました」

本日の映画

かぞくモメはじめました [Blu-ray]
movie-20 「かぞくモメはじめました」  Parental Guidance  2012年米

DIR:アンディ・フィックマン
CAST:ビリー・クリスタル、ベット・ミドラー、マリサ・トメイ、トム・エヴェレット・スコット
STORY:時代遅れという理由で解雇されてしまった野球実況者のアーティは、娘アリスに依頼され、娘夫婦の留守中、3人の孫たちの面倒を見ることになる。ところが、久々に再会した孫たちはとんでもない悪ガキで・・・

☆☆☆日本未公開のコメディ。

ビリー・クリスタルにベット・ミドラーとは懐かしい!
やっぱりこの2人ならコメディでしょう。

ワタクシ、B・クリスタルは少々苦手なのだけど(アカデミー授賞式の司会とかは素晴らしいと思うが)、B・ミドラーは大ファン。
さすがに、2人とも年をとって、おじいちゃん、おばあちゃん役だったけれど、役作りなんかは変わりませんね。いや、少しおとなしくなったかな。年とった分・・・

お話自体は、定番中の定番。
悪ガキたちに振り回され、ピンチに陥り、でも最後はうまくまとまってめでたし、めでたし。
なんて書くとあっという間に終わっちゃうけれど、こういう映画もたまには悪くない。っていうか、こういうタイプの映画で、定石的じゃな展開が生じたら、がっかりしちゃいますね。いいんです、やっぱりな展開で(笑)。

少々おとなしくなったとはいえ、B・クリスタルの悪のりぶりは健在だし、うれしいことに、B・ミドラーは歌って踊ってくれるし。
途中から、M・トメイも参戦してひっちゃかめっちゃかに。そう、M・トメイってすっとぼけたコメディもうまいんだよな~

というわけで、まずまず楽しめたけど、この題名はひどすぎる(笑)。パクり感満載。
それに、あんな何でもオートメーション化された家に住むのはやだっ。非人間的。

« ポール・アダム『ヴァイオリン職人の探求と推理』 | トップページ | 渋谷:かしわ 渋谷ヒカリエ店 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/61465684

この記事へのトラックバック一覧です: 「かぞくモメはじめました」:

« ポール・アダム『ヴァイオリン職人の探求と推理』 | トップページ | 渋谷:かしわ 渋谷ヒカリエ店 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon